FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

やらかした・・・

「仕事が不規則だから、定期開催の習い事の送迎はできひん」
ということで、
なんにも習い事をしていなかったこどもたち。

ところが、学童から送迎してもらえる…という話を聞き
(もちろん有料)
ならば、息子がやりたがっていたサッカー教室に通い始めることにしました。

初日が、今日!
朝からどしゃ降り。
「これは、サッカー教室ないな」と判断し、長靴で登校させる。
母は京都で仕事。

学童から電話がかかってきた。
「サッカー教室があるのですが、長靴…ですよね?送ってもいいですか?」

やらかした!
雨やんでるやん。
サッカーできるやん。
長靴ではあかんやん。
しかも初日やん。
ユニフォームも間に合ってなくて、
ひとりだけ私服で、
ただでさえ「なんかちょっとかなん」と思うシチュエーションやん。
長靴でサッカーって、私でもいややわ。

そう思うと、心の中がぞわぞわ…してきた。
「ごめん、
 ほんまにごめん。
 前日から靴を学童に預けておいたらよかった」
後悔先に立たず。

この年齢になっても走れるんや…って自分でもびっくりするぐらい走って
電車に飛び乗り
駅についたら、駐車場まで猛ダッシュ。
靴を持って、練習場へ。

残り15分、靴に履きかえることができた。

長靴でも試合に参戦する息子を見て、
ちょこっと涙が出そうになった。
がんばってるやん。

毎日、忙しいけれど、準備したらなあかんところはきっちり準備せなあかん。
母の忙しさを、こどもに還元したらあかんとこやん。

息子は母を責めませんでした。
というより、
「不便」「不都合」を感じても「不安」「不信」にはならなかったようで。
きっと、コーチやお友だちの応対が良かったんだと思います。

今週は、娘の保育園でも忘れ物を連続しております。
忙しい、忙しい…のは確かだけれど、
いま優先順位のてっぺんに持って行きたいのは、わが子のこと。
猛省してます。

落ち込みはしないけれど、
気分一新、明日からみててや!
スポンサーサイト



コメント

Secret