FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

宿題を忘れるの巻 続編

いつになったら、前回忘れた宿題のリベンジを図るんだろう…と思っていたら、
ひょんなタイミングで
「あっ!ちょうどよかった。いまさ、ママ、きいてくれる?」
音読の宿題を自ら始める。

息子の部屋で部屋干しを始めたら、
「ママ~」と兄妹で後追いしてきた。
机の上にあった学校の準備が目に入ったのか、
突然「宿題、見て」モードに入った息子。

音読したら保護者のサインをもらう表を見せ、
そこに載っているお話の題名だけを読む。
何度も読む。

んんんんん?
もしや、宿題の意図を理解してないんじゃございませんこと?

「あんな、きっとな、ここを読むんじゃなくて、国語の教科書を読むんと違う?」
尋ねてみたら、
キョトンとした顔。
数秒後、
「そうか!あったわ、きょうかしょに、これ」

その後、一生懸命読んでくれました、6回も。
「あのさ、ここのな、てん(読点)にきをつけてよむねんで」

兄の素晴らしい音読に、妹が呆然と見入る。
終了後、
「つぎは、なによんでくれる?」
リクエストを始める妹。

立派な音読に、母は、大きな◎をつけました。
嬉しかったなぁ

でも、発覚した新事実に衝撃。
宿題の指示を正確に理解することが、まだまだ難しいんだな、一年生って。
音読の表を親に見せて、サインをもらってくることが宿題だと思っていたらしい。
そうか、
そこには気づかんかったなぁ。
2日前の朝の涙には「何が何だかわからん」気持ちもあったんや。

まだまだ観察眼が鈍いぞ、私。

新しい気づきをありがとうね。
スポンサーサイト



コメント

Secret