FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

いずみ保育園 子育てオープンスクールのご案内

ご縁を頂き、
大阪のいずみ保育園にて講演いたします。

今回は、ふれあい遊びを実践的にご紹介。
親子連れでご参加いただいた方には、
その場で体験して頂きます。

「こどもたちは、あそびを通じて成長する」と
よく言われます。
「どうやって遊んでやればいいのかわからないんです」
というご質問も、よく受けます。
「幼稚園(保育園)で遊んでくるし、お外遊びもするし、それで十分」
という方も少なくない…かな?

大人になるにつれ
「遊び」は「余暇」の時間扱いになり、
「仕事」や「勉強」、「家事」などから切り離される。
「遊び」は、
趣味に使う時間・リフレッシュする時間…
余裕がなくなってくると「遊ぶ時間なんてないし!」となる。

「こどもに必要な『あそび時間』ってどれぐらい?」って
数字で表したくなる。
でも、
こどもたちは、24時間が遊び
楽しく遊ぶ過程の中で、いろんなことを身につけて行く。
こどもたちから「あそび」を奪うのは、「学びの機会」を奪うことと
実は、同じ。

特別な時間を確保して
特別な遊びを提供する必要は全くなく、
毎日のふれあい中で、ちょこちょこ遊ぶ
声をかける
「大好き!」ぎゅ~っと抱きしめる
それだけで、
こどもたちの脳はどんどん磨かれていきます。

こんなお話をするのが、6月20日。
条件はありますが、一般参加も可能なオープンスクール。

ご案内はこちら → いずみ保育園ブログ

いずみ保育園チラシ
スポンサーサイト



コメント

Secret