FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

木地師体験

奥永源寺で開催されている山歩道イベントの中で
つくるよろこび体験塾を開催。

今回は小学生3名が、木地師体験を。
詳しい様子は、こちらから
 →東近江スタイルブログ

当日は、うちの子も参加。
木地師体験はさすがに難しいかと。
でも、ものづくりの現場を知ること・見ることは、大きな刺激。

ところが、うちのちょーなんは
初物(はつもの)に抵抗を示すタイプ。
「やってみたい?」と尋ねても
「やらない」と即答。
初めての場、
初めてみる小学生、
うまくできる自信のない環境、
いくつも条件が重なって、非常に消極的に。

このあたりの性格、なんとかならんもんか!と未だに思います。
脳の発達過程のプロセスなので、
今の息子の現状を把握し、とるべきアプローチも分かってはいるのですが、
息子を持つおかーちゃんの感情が激しく揺さぶられるのです。
「やってみいや!」と言いたくなる。
ここを我慢するのが…難しい。

しかし、
電動ろくろは触れなくても、
木くず・端材があれば、何でも作れる。遊べる。
いつの間にか仲良くなった友だちと
何やらせっせと創作。
時折見つけるカメムシに、いちいち大騒ぎ。

帰り道
「あんな、6さいになったらな、(木地師体験)できるんやで」と息子が言う。
どことなくママの顔色を伺った発言だけれど、
まぁ、いいか。
「きょう、おもしろかったなぁ」
そういってくれた言葉が救いでした。

できないことなんてない、
なんでもやらせてくれ…の娘、2歳

できることは一生懸命頑張るけれど
できなさそうなときは、そっとフェイドアウトしようとする…息子、5歳。

年齢も
性別も
気性も違う。
そして、私とも違う…ということ。
毎日毎日自覚しないと、ついついママの都合を押し付けちゃう。


スポンサーサイト



コメント

Secret