FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

野菜の旬

ただいま携わっている仕事の関係で、
野菜のつくり手さんのところにお話を伺いに行きました。

2月・3月にイベントをするので、
その時に提供して頂ける旬の野菜はないか…というご相談。

「んんん…、2月やったら人参があるけど、3月はなぁ…」
「3月は、野菜のない時期やし…」
「2月の分が残っていたとしても、旬が外れたもんは、味の保証ができひんわ」

この話、実は少し前にも他の農家さんから聞きました。
2月・3月って、野菜のない時期なんや。
知らんかった。
というか、
忘れてた。
野菜には“旬”があって、収穫できる時期とできない時期があるということ。
小さい頃、実家の畑をずっと見てきたんやけど…
忘れてた。

サラダにする野菜ぐらい、農家さんに行けば何とかなるやろう…と思ってました。
だって、
お店に行けば、年がら年中「レタス」「キャベツ」「きゅうり」「トマト」があるから。
特殊な野菜じゃなければ、年中収穫できる…なんてこと、いつから思うようになったんだろう。

地産地消がいいよ。
安心安全がいちばんだよ。
なんてことを言われても、
旬を外した野菜だと…なんだかちょっと違う気がしてきました。

ハウス野菜が悪いとは言わないけれど、
その土地の恵みをいただくなら、
やっぱり“旬”にはこだわりたい。

外食産業が悪いとは言わないけれど、
サラダと言えば、一年中同じものが出てくる仕様は、多少なりとも違和感が。

自分の感覚がずいぶん鈍っていることに気づいて驚きました。

こどもの発達も
野菜の収穫も、おんなじ。
成長する“旬”がある。

ちゃんと「知る」ことの大切さをしみじみ感じました。
寒風吹きすさぶ畑で。



スポンサーサイト



コメント

Secret