FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

たべる

近江八幡の伝統野菜。
北之庄菜

今秋より畝をお借りして栽培を始めました。

一畝目。
先日の台風で、蒔いたばかりの種が流されたので、
残った北之庄菜は多くはない。
それでも、ぎゅっと寄り集まって生えているものを間引き。

間引いた北之庄菜はこんな感じ。

IMG_9548.jpg

どんな味がするのかな…と、サラダで食べてみる。
左側が間引いた北之庄菜。
(ちなみに、右はからし菜)
北之庄菜は‘かぶ’。
イメージが先行しているからかもしれないけれど、
やっぱりかぶの味。

IMG_9557.jpg

台風で種が流された畝を見て、
「もう一畝、蒔くか?」と声をかけていただき、
4日前にもう一畝お借りして種を蒔きました。
そこから、ちょこっと芽を出した北之庄菜。
こんな感じでした。

IMG_9545.jpg

実は、北之庄菜と野菜の種まきには、息子と娘も参加。
その後の折々の畑仕事にも、息子は好んでついてくる。
深く考えているわけではないけれど、
畑にゴミが落ちてると(風でいろいろ飛んでくる)
「ママ、ひろとこうな」と言ってくれる。
大切な野菜のお家だということは理解しているようで、
ちょっと嬉しい。

自分の食べる野菜がどこからやってくるのか…だけでなく、
どんな過程を経て野菜ができるのかも、
遊びの中で学習していっているようです。
もともと狙っていたわけではないけれど、
畑仕事に連れてきて良かった…と思います。

この北之庄菜を育む台地が、北之庄という土地。
実は、私が間引き作業をしていた近くで、
息子は枝豆を収穫していました。
保育園のバスの運転手さんのご厚意で、
保育園からご自分の畑に連れて行ってくださったのです。

IMG_9550.jpg

遠くから見ているつもりが…
車で横をそろ~っと通り過ぎたい衝動に駆られ…
結局、車の窓を開けて手を振っちゃいました。
「ママ!」
嬉しそうに声を上げる息子の手には、立派な枝豆が。

畑で、
田んぼで、
季節を感じ、
収穫のおもしろさを知り、
「たべる」ってことを意識する。

ええ環境で育ってるなぁ…としみじみ。

娘にも少しずつ体験させてみようと思います。
スポンサーサイト



コメント

Secret