FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

8月1日開催 つくるよろこび体験塾(安土編)

8月1日、JR安土駅に10時10分集合。

つくるよろこび体験塾、本日は安土をフィールドに。
目指すは、安土山の麓、安土建築工房さん。

詳しくはこちら⇒安土建築工房さんホームページ
 

さて、片道1.5キロ、小雨の中、歩きます!

2.jpg

途中いろんなものが目に入り、なかなか進まない。
でも、それも面白い。
稲の花、観察!

①

本日お世話になるのは、安土建築工房さん
お忙しいお仕事の手を止めて、こどもたちにかんながけを指導してくださいます。
my箸を作るのだ!

3.jpg

材料はもちろん国産。
永源寺の杉とヒノキ。
「香りが違う」ことに敏感に気づくこどもたち。
「値段の違い」に敏感なスタッフ(笑)。
こどもたちは削りやすい杉の木を、スタッフはヒノキを削ります。

4.jpg

「かんな」を見るのも初めてのこども達。
結構な作業量ですが、もくもくと真剣に取り組む。
疲れたら休んでね…と何度声をかけても、ひたすらかんなをかける。
職人の様。
削りくずはアフロヘアのように…。

5.jpg

一時間以上かけて、ようやく仕上げたmy 箸。
各々立派なものです。
太さも長さも、こだわりも違う、世界で1組だけの素敵なお箸。

このお箸でいただくのは、安土産の「ヨシみどりうどん」
ヨシの粉末を使い安土で製麺していらっしゃいます。
この体験塾生のために、わざわざ生麺を準備してくださいました。

7.jpg

食事の前に、安土町商工会の野瀬事務局長に、「ヨシ」の話や「安土城」のお話を聞かせて頂きました。

6.jpg

つるつるのどごしの良い「ヨシみどりうどん」
大好評。

8.jpg

食事の後は、大工さんのお仕事の現場に見学。
初めてみる機械。
そして、おがくず。
こどもたちは、おがくずや木の端材に興奮。
「これで、何ができるかな?」
「これ、もらってもいい?」
「さっきのかんなでけずりたい」
創作意欲がわくようです。

9.jpg

せっかくなので、ほんものの「ヨシ」を見に行こう…と。
安土山の麓へくり出しました。
水辺に行く前に、安土山に足が向き…。

10.jpg

軌道修正、ヨシを見に行きました。
4メートルにもなると聞いたヨシは、やっぱり大きくて…。

11.jpg

ちょっと散策…のつもりが、
山あり、川あり、絶好のロケーション。
探検の虫が騒ぎ出し、なかなか帰れない。
来週はたっぷり山で遊ぶから…ということで、安土建築工房さんにもどる。
そして、本日の感想を書き留めます。

12.jpg

自分たちで丸めた白玉団子のおやつを堪能した後は、
安土建築工房の西澤社長より、ものづくりの楽しさを教えていただきました。
ただの木の棒から、縄跳びができる、ルアーができる。
ルアーを作られたのは、小学5年生のお子様だとか。
3歳さんのお子様が作られた、木のお人形も拝見しました。

13.jpg

遊ぶものは何でも自分で作れる。
何を作ろうか考えるのが楽しい。
作っている最中も楽しい。
上手くできたら嬉しいけれど、思うようにできなくても、それはそれで楽しい。
出来上がったもので遊ぶのも楽しい。

シンプルですが、とても大きなメッセージを頂きました。

今日の箸づくり、必ずしも思うように作業が進んだわけではなく、
いらいらっとする子も、
くしゃんとなりそうな子もいました。
でも、「ものをつくる」ということは、こういったプロセスを辿るということ。
そして、作り上げたものは、どのような形であれ愛おしくなるということ。
体験としてこどもたちに伝わったと思います。

ただただ「楽しい思い出」を作る場にしたくはありません。
ほんものにふれる機会の中で、「何かを感じる・考える」場にしていきたいのが、
このつくるよろこび体験塾です。

できないことが恥ずかしいのではなく、
できることをやらないことが恥ずかしいこと。
「あいさつをする」「履物をそろえる」「掃除をする」、
自発的にできるよう、うるさいことも言います。
でも、基本は自分たちで「できる」こどもたちです。

IMG_8527.jpg

往復で3キロ、しっかり歩いたこどもたち。
お疲れ様でした。
来週は、山で思いっきり遊ぼうね。

14.jpg
スポンサーサイト



コメント

Secret