FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

突然入るスイッチ

「一生懸命風呂を洗い出したで」と言いながら、
パパがお風呂から出てくる。

むむむ?と思いながら風呂に入る。

お?いい匂いがする…と思ったら、
ボディタオルにボディソープをいっぱいつけて、
洗い場を泡だらけにしながら掃除中の息子を発見。
ちゃんと置いてあるものをどけて、
隅から隅まで丁寧に洗っている。

何が憑依したのかと思うぐらい没頭。
「ママ、こうやってあらうねんで」
指導も頂きました。
こどもの目線は低いので、本当に細かいところまで洗ってくれている。

こどもは、突然“やる気”スイッチが入る。
スイッチが入ると、本当にすごいパフォーマンスを発揮する。
許せる条件下であるなら、徹底的にさせたいものです。
でも、
さすがに風邪をひかせるわけにはいかないので、
うま~く収束を図る。

「ありがとう。ピカピカやわ」
「気持ちよくお風呂に入れるなぁ。一緒につかろうか」

「あしたもやるわ!」宣言をもって終了。
ここ、もうちょっと洗っておこうか…と手を出すのは厳禁。
手出しをするなら見えないところで。
今は、”やる気スイッチ“の感度を上げる時期。

しかし、
ボディソープで洗うと、つるつる滑っちゃう。
ここは本人も気付いたところ。
「すべっちゃうなぁ」
それはそれで面白いらしい。

風呂洗い専用の洗剤の良さを噛みしめながら、入浴。
スポンサーサイト



コメント

Secret