FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

クリスマスコンサート

クリスマスイブは、守山の‘あまが池プラザ’にてコンサート

午前中はリハーサル。
まずは、音楽教室に通っている生徒さんたちから。
こどもたちの歌声や演奏を聴いていると、
本当に穏やかな気持ちになってくる…から不思議。
タンバリンや鈴を片手に可愛い踊りも披露。
たまりません。

そして、
講師のみなさんの演奏。
何度も何度も丁寧に音を合わせ、
与えられた会場の中で最高のパフォーマンスができるよう
先生方はもちろん、スタッフの皆さんも総動員で準備。
初めて見たコンサートの舞台裏。
新鮮な感動。

コンサートでは、司会と朗読を担当。
演奏と朗読のコラボは初めての経験。
‘くるみ割り人形’を披露したのですが、
マリンバの音が心地よくて、
うっかりすると朗読のパートを忘れてしまいそうになる。
わが子にも聴かせたかったのですが、
パパが発熱してダウン。
会場に連れてくる人がいなくて断念。
残念


プロの演奏は本当に素晴らしい。
今回は‘つくる’ところも見させていただいたので、
心の底からそう思います。

私の中での「芸術家」像だと、
自分が演奏したいように演奏するから、
聴きたい人だけ聴けばいい…的なイメージでした。
でも、そうじゃないんですよね。
「音楽を楽しんでもらう」「この空間を楽しんでもらう」ために
「どうすれば最高の音が生まれるか」に貪欲で、そして、真剣勝負。

ある意味、私の仕事とも通じる。
「伝える」ではなく「伝わる」にこだわる姿勢。
共感。

今回のコンサートの主催者である、ハーモニー・ミュージック・スタジオさんでは
県内の幼稚園や小中学校に音楽家を派遣し、音楽鑑賞会も企画されているそうです。
  ハーモニー・ミュージック・スタジオさんの案内は→こちら

演奏を聴くこどもたちの姿・反応を見ていると
ほんものの‘音’との出会いの素晴らしさを痛感します。
 聴く楽しさ
 ふれる楽しさ
 感じる楽しさ
 歌う楽しさ
 奏でる楽しさ
いろんな「楽しみ方」や「感動」があることを、
こどもたちには
たくさんたくさん味わってもらいたい。

こういった機会に携われたことに感謝。
素敵なクリスマスイブでした
スポンサーサイト



コメント

Secret