FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

須磨水族館

思い立って須磨水族館に行きました。

ママもパパもダイビングをするので、お魚に興味をもってもらうのは大歓迎。
でも、そんな親の思いとは別に、素直に水族館が大好きな息子です。

「あっ、さめや」
「エイもいるで」
知っている魚がいるとさらにテンションUP
いろんなところが見たいので、とにかく動く動く。
水族館の暗がりの中で息子を追いかける…パパ。
「パパじゃない、ママと観たいの」
突然すねられるパパ。
気の毒な…。

水流に逆らって泳ぐ大量のイワシを見て興奮する娘。
そして、なぜか進行方向とは逆の方向に進もうとする。
暗闇の中で靴を脱ぎ、靴下を脱ぎ…くつろぎだすし。
抱っこしたり、おろしたり、じっとしていられません…ママも。

ダイビング中に見つけるとテンションが上がるジョーフィッシュ。
ママもパパも大好きなジョーフィッシュ。
IMG_6546.jpg

自分のお家を作るために、せっせと石(?、サンゴ?)を運ぶ。
かわいいお顔を出して、口から石をポイッ!
こどもたち、かぶりつきで観ていました。
「このおさかなさん、だいすき」
「しゃしん、とっといて」
息子も大好きになったようです、ジョーフィッシュ。


楽しい経験をした後は、
その日のうちに、
そして次の日にも思い出してこどもたちと会話を楽しみます。
その後も、時々「あのときな…」と思い出して話をすると、
結構覚えていることが多いもので。
覚えておいてほしいな…と思うことがあるときには有効な手段です。

水族館に行って2日後、
「なぁ、水族館にいるお魚さんの中で、好きなのを3匹教えて」
と尋ねたら、
しばらく悩んだ後に、
うに!
(なんで、うに?)
はりせんぼん
(観たけど…膨らんでないやつやったで)
ごんずい!
(ごんずいって…玄人好みのお魚セレクト。ダイバーみたい)
「ごんずい」が気になる方は → こちら

「かわいいなぁ」とあれだけ絶賛したラッコの名前も、
「すげ~」と感嘆したイルカの名前も出ません。
「ジョーフィッシュがいちばん好きっ」って言ってたやん…
そんな突込みはママのお腹の中だけに留めます。

この時期のこどもが発する言葉は
「頭に浮かんだもの」の表れ。
深い意図があるとか、そんなんじゃない。


「親が見せたいもん」と「こどもが見たいもん」は
たいてい一致しないし、
「親が期待するような反応」を「示さないのがこども」

健全健全。
まっすぐ育っています。
スポンサーサイト



コメント

Secret