FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

強敵‘夜泣き’現る

‘夜泣き’はじめました。  

こんな貼り紙もないままに、激しい夜泣きを繰り広げるようになった娘。
いやぁ、すごいです。

息子が一晩中寝るようになったのは、たぶん、2歳頃。
授乳中は、2時間ごとに起き、
卒乳後も、夜中に2~3回は目を覚ましていました。
息子の場合、目を覚ましても号泣することはなく、
おっぱいを飲んだり、お茶を飲んだり、
抱っこしたり、とんとんしたり…で寝付きました。
たまに夜中にばっちり覚醒しましたが、一人で機嫌よく遊んでいました。

しかぁし、
娘は違いました。
泣く・泣く・泣く・号泣

抱っこしたら「おろせ!布団の上に横たえろ」と全身で抵抗し
布団におろしたら「なんで構ってくれへんのぢゃ」と体当たりしてきて泣く。
とんとんとん…と寝かしつけようとしたら「じゃまや!」とばかりに拒否。
寒いだろうと布団をかけると「重いねん、いらんわ!」と蹴り倒す。
大げさではなく、ほんまにこんな感じです。

「泣ける泣ける泣けるよなぁ」
「眠たいなぁ。寝たいなぁ。」
「ママ、ここにいるよ。大丈夫よ~」
必死で娘の脳に入るべく声かけをするも、
本人は、泣きながら暴れながらも「寝ている」ので、効き目が薄い。

最終兵器は「おっぱい」ですが、
勝率は7勝3敗ぐらい。
夜中に何度もおっぱいを出してたら風邪ひくわ…と思いつつも娘に進呈し、
進呈したのに、「寝ない」娘が目の前にいると
本当に途方に暮れ、
遠い世界に逃げたくなります。

ちなみに、パパが寝かしつけようと抱っこをすると、
寝ていた息子が目を覚ますぐらいの音量で泣くので、
パパの出番はなし。
残念。


先日、実家に泊まりに行き、娘の夜泣きを体感した私の母。
母「毎晩、こんなんか?」
私「そうやで」
母「樋屋奇応丸、飲ませたら?」
私「まぁ、時期のもんやし。だいじょうぶやって。そのうち止まるわ」
父「ミミズの干したやつ、飲ませたらどうや。(私が)夜泣きしてたときにのませたことあるやろ」
母「あれは、夜泣きのときと違う。なんかできたときや」

お~い!
私は‘ミミズの干したやつ’を飲まされていたん?
恐るべし民間療法。

娘よ。
もう少しだけ寝てちょうだいね。
でないと、干したミミズやらなんやらがやってくるかもよ。

スポンサーサイト



コメント

Secret