FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

おなかいっぱいたべたらあかん

「おなかいっぱいたべたらあかんで」と
深刻な表情で訴える息子。

お腹いっぱい食べる
    ↓
 お腹が大きくなる
    ↓
 あかちゃんが生まれる
    ↓
 ママが病院に入院する
    ↓
 ママのいない夜が続く
    ↓
 それはあかん!
    ↓
 だから、おなかいっぱい食べないで

以上、息子の思考プロセス。

別バージョンとして

あかちゃんはもういらん
    ↓
 ママが病院に入院する
    ↓
 それはあかん!
    ↓
 あかちゃんは妹だけで十分

こんなのもあります

娘を産み、入院している間、毎晩かかってきた電話。
「ママがいない~

よっぽど悲しかったのか、
今でも当時を思い出しては、真剣に泣きます。
突然
「ママ、あかちゃんはもういらん…」
「だって、ママ、かえってこなくなっちゃうもん」
といって泣くので、本当にびっくりします。


娘にごはんを食べさせ、
息子がご飯を食べているのを確認しながら、
自分もご飯を食べ始める…
と、
娘が「抱っこして」「遊んで」と来るので
娘の相手をしながら慌ててごはんをかきこむ…
これが、パパのいない平日の食卓。

その様子を見て、
「ママ、おなかいっぱいたべないで」と訴える息子。
ついでにママのお腹を確認する。

「ご飯をいっぱい食べても、あかちゃんは生まれへんで」
と言ったところで、
息子の本意はそこではなく、
「ママ、ずっと傍にいてね」が本心。

「だいじょうぶやで」と声をかけ、
「おなか大きくないし、あかちゃんもいいひんで」
「ずっといっしょにいるで」と伝える。

何を食べたんだかよくわからん…。

ちなみに、
お風呂に入ったときにも
「おなかおおきくなった?」と尋ねられる。

どういう意味?


スポンサーサイト



コメント

Secret