FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

11/11 林成之先生滋賀講演会を開催いたしました

11月11日、林成之先生の滋賀講演会を開催しました。

秋はとにかくいろんなイベントが多く、
何かとお忙しい中、たくさんの方にご来場いただきまして、
本当にありがとうございました。

会場が小さく、ご参加いただいた皆様にはご迷惑をおかけいたしましたこと、
改めてお詫び申し上げます。
しかし、林先生を間近で感じる大変貴重な機会となったことは、
嬉しい誤算でした。

IMG_6522 - コピー

この日、初めて‘育脳メソッド’にふれられた方々からも
「とてもいいお話を聞くことができた。来てよかったわ。」
とのお声を頂戴することができました。
ありがたい限りです。

ご参加くださった皆様お一人おひとりに届いたメッセージは多岐にわたると思います。
 「将来世代の可能性を秘めたこどもたちの才能は、
 関わり方次第で如何様にでも変わる」

 「(こどもの)脳が何をしてほしいのか…に心を配ることで、
 こどもたちのこころを豊かに育むことができる」


教育の現場で生じる問題、いじめの問題についても、
脳科学の視点からお話しいただきました。
育脳インストラクターである私自身も、改めて深く深く感じ入りました。

「違いを認めて共に生きる」という脳の本能を磨くこと
ここから人間の「考え」が生まれます。
発達途上の未熟な脳は、何ら関心を寄せられず、働きかけることもなく放置されると、
「考える習慣」が身につかず、短絡的、衝動的な言動に走ってしまいます。
どのようにこどもたちに関わっていくか、
脳の仕組みを主軸に据えてご紹介しているのが育脳のお話です。

まだまだ‘育脳’の認知度は低く、
偏った「子育て論(方法)」だと認識されることも多いのですが、
決してそうではないことを、
講演会にお越しいただいた皆様にはご理解いただけたと思います。

「(‘育脳’に出会えて)よかったわ。知ってて損はないもん」というお声を積み重ね、
「こどもってかわいいわ。こどもって、関わり方次第で変わるよね」と子育てを楽しむママやパパ、
そして、伸びやかに活き活きと育つこどもたちが一人でも多くなりますように、。
子育ちセミナーを各地で開催していきたいと思います。

滋賀や京都でのセミナー開催を盛り上げ、
近い将来、もう一度林先生をお招きして講演会が開催できるよう、
努めてまいります。

みなさま、どうぞよろしくお願いします。
スポンサーサイト



コメント

Secret