FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

にこにこいちばん

息子、数え年5歳。

というわけで、七五三へ。
今年は、母が幼少の折からお世話になっている多賀大社へ。

DSCN0178.jpg

ひさびさの参拝。
平日ということもあって、人も少なく、貸し切りのような贅沢さ。

鮮やかな紅葉に絶句。

DSCN0188.jpg

そして、
おめかしスーツ姿で太鼓橋(太閤橋)によじ登る息子に絶句。

DSCN0180.jpg

母も幼い頃は必ずよじ登った太鼓橋。
「来るなら来い!」とばかりに、そこにあるので、登りたくなるのは仕方がない。
あっちからこっちから…登って下りて、登って下りて…。
これも、お多賀さんのお楽しみ。

男の子の5歳の七五三…と言うこともあり、本殿でご祈祷していただきました。
厳粛に進行していましたが、
何を思ったか娘がカバンの中からおむつを一枚取り出してきて
「替えて」とアピール。
見なかったふりをしていると、おむつ替え用の簡易マットも取り出してきて
「替えて」と再アピール。

パパ、笑いだす。
息子、笑ってる。
ママ、神様に申し訳なくて強張る。

滞りなく(?)ご祈祷も終わり、最後に神主さんが息子に話しかけてくださいました。
   「にこにこ笑顔でよかったよ」
   「神様にお参りするときは、怒った顔や悲しい顔では、神様もかなんって言わはるよ。
    にこにこ笑顔でお参りしようね」
   「にこにこいちばん、二回お辞儀して、二回手を叩いて、一回お辞儀」
   「にこにこいちばん、わかる?」
もちろん、
息子はにっこにこでお話を聞いていました。

ありがたいお話やなぁ…と感じ入りました。

困った顔で
悲壮な顔で
「神様、助けて」とすがる。

何をやってもうまくいかへん
これだけお願いしているのに、何一つ思い通りにいかへん
「神様、ちゃんと聞いてんのか!」とやつあたり。

こんな思いがたくさん集まってきたら…いくら神様でもテンションが下がるのでは。

苦しい時でも、
たとえ絞り出すような笑顔であっても、
にこにこいちばんで神様にも向き合いたいなと思いました。

娘、兄がもらった風船を手にして
にこにこいちばん。

DSCN0183.jpg


やっぱり、お多賀さんは私のパワースポットです。
スポンサーサイト



コメント

Secret