FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

まねっこ

幼いこどもを二人、風呂に入れるのはたいへん。

下の娘が生まれたとき、兄はちょうど3歳になりました。
首も座らない娘を抱きながら兄を洗ってやる…のは困難。
「自分」で体や頭を洗えるように、
いかにうまく誘導するかに力を注ぎました。

で、
現在4歳になった息子。
2日前から、
乾布摩擦の要領でタオルを使いこなし、
背中を上手に洗えるようになってました。
もちろん、タオルに石鹸をつけ、泡立てることも忘れません。

娘と湯船につかりながら、
「すごいなぁ」とほんまに感心。

さらに、
頭にお湯をかぶり、シャンプーをつけ、慣れた手つきで上手に髪も洗う。
その兄の姿を見て、
妹も髪を洗う真似を始める。
試しに妹の頭にもシャンプーをつけてみる…
1歳2ヶ月でも、上手に髪を洗うもんです。

「すごいなぁ」とほんまにほんまに感心。

息子が乾布摩擦を覚えたのは、
スーパー戦隊の中の「ゴーオンジャー」のDVDの中で
ゴーオンブラックが乾布摩擦をしてたから。

娘が髪を洗い始めたのは、
兄が洗っているのを見ていたから。

3歳・4歳までのこどもの「まねっこ」の力はすごいなぁ。
「知りたい」という脳の本能がぴっかぴかに光っています。

「まだでけへんやろ」
と思うことなく、
なんでも任せてやらせてみると、
意外にうまくやりこなしたりするもんで…。

また、うまくやっている先人の姿を見せるだけでも、
こどもの「真似び」は「学び」になり
「できる」ことがぐんと増えたりします。

大人があれこれ無理強いをしなくても
自分の力で自分を伸ばす「力」を秘めているもんです、こどもって。



スポンサーサイト



コメント

Secret