FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

パパは座敷童?


「あんな、よるな、うしろむいたらな、パパがねててん」
朝ご飯を食べながら、ぽつりと息子が言いました。
「なぁ?パパ、かえってきてるん?」

ここのところ仕事が忙しく、昨晩も0時過ぎに帰宅したパパ。
当然こどもたちと顔をあわせることもなく、
今朝も出張で5時ごろ出ていったので、
朝も顔を会わせていません。

でも、夜中にふと目を覚ました時に、パパを見つけたんでしょうね。

「後ろを向いたら(いないはずの)パパがいる」
この事実を寝ぼけながらどう受け止めたのか…考えてみると面白い。
泣きださなくてよかった

忙しいパパですが、
今朝も洗濯物を干してから出て行ってくれました。
これは、かれこれ一年半以上続いています。
下の子の妊娠の時もつわりがひどく、
どうにもこうにも動けないときあたりから
毎朝の洗濯物干しをやってくれています。

保育園に送らねばならない朝は忙しく、
ましてや、仕事もあるとなおさら忙しく、
でも、
こどものしでかすことは、
朝昼晩を問わず奇想天外で…
今朝もゴミに出すために紙袋にためておいた紙パックをバラバラに投げ散らかしていました。

なので、洗濯物を干してくれる…
これは本当にありがたい。
後追いが激しい時期の娘は、ママが視界に入っていないと号泣。
洗濯物を干すときも抱っこをせねばならないときもあります。
家事が一つ減るだけで、ママの笑顔はぐんと増します。

どれだけ忙しくても、
どれだけ朝が早くても、
出張で不在でない限り、
洗濯物を干してくれるパパ。

「ママ、ママ」という時期のこどもを抱えるママにとっては、
ママとおんなじように子育てに取り組むよりも、
むしろ家事を一つでも担当してもらえるパパのほうが、
うんとこさありがたい。

パパ、ほんまにありがとう。


スポンサーサイト



コメント

Secret