FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

一目散に、ぎゅ~っ!

親しくしている知人の紹介があって、
大阪の松原市まで、子育てセミナー・講座の打ち合わせに行きました。

(お声をかけていただけるなら、どこにでも飛んでいきます!)
(飛んでいきますが、やはり、地元、滋賀でもっともっと開催したい)

そこで出会った素敵なママ。
松原市で、20年前から子育てサポート活動をされている方でした。
初対面でしたが、とにかくいろんな話で盛り上がり…
とても楽しい時間を過ごすことができました。
  活動の詳細はこちら→やんちゃま

「子育て支援」という看板を出せば、子育て中のお母さま方が飛び込んできてくださる…
そんなわけがないのが現状。
いろんな手段で広報をし、
口コミを広げ、
もちろん、居心地のいい場を創出しながら
少しずつお母さま方に利用していただける場にしていく…
まさに、その過渡期の私。

今のように
「子育て支援」「子育てサークル」という言葉すらメジャーでなかった20年前から
活動をされてきたお話は、本当に千金に値します。
一軒一軒訪問し、戸を叩き、
「こんな活動をしてますよ。一緒にどうですか」
きちんと顔を合わせて声をかける。
チラシを投函するのではなく、
メールをポンと送るのでもなく、
ブログやHPでどんと告知するのでもない。
しっかりとお母さま方に(支援者の)顔を見せ、信用してもらうこと。

一番最初の一番大事なことを改めて認識しました。

一軒一軒訪問するわけではないけれど、
セミナーや講座、親子教室などでお出会いしたお母さまやお父さま、
もちろん、こどもたちも含め、
お一人おひとりに接する中で、
「なんかしらん、ちょっと楽になったわ」
「おもしろかったで」
といった気持ちが
ご参加くださった皆様自身の中で感じられるといいなぁ…と思います。

と、こんな思いを盛り上げつつ、話し込んでいたら遅くなり…。
電車を乗り継ぎ、保育園にお迎えに行くときには19時前。
もちろん最後の二人でした。

先生と仲良く遊んで待っていてくれる姿を見て、ほっと安心。
一目散にぎゅ~っと抱っこです。
飛び出してくる兄を抱っこ。
その後を、よちよち、とてとて走ってくる妹を抱っこ。
大好きな時間です。

こどもとどう接していいのかわからない。
どんなふうに関われば、こどもが伸びるの?
いろんなご質問を受けますが、
究極の答えは、
「ママがこどもたちと居てめっちゃ楽しいと感じられる」ことを最優先にする!
ということではないかなぁと思います。
スポンサーサイト



コメント

Secret