FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

心が折れそうなパパと、てんやわんやのママ

めったなことでは弱音を吐かないパパ。
でも、ここ数日、弱気な発言が…。

それは、夕方以降の娘のお世話。
なぜかパパが抱っこすると、泣く…しかも号泣。
パパが嫌いなのではなく、「ママじゃない」から泣くだけなのだけれど、何をしても泣かれると心が折れちゃうらしい。
しかも、ママが抱っこするとピタッと泣き止むので
「そんなにすぐに泣き止んじゃうと、パパ、悲しくなるわ」
ってつぶやいてる。

娘に輪をかけて大変なのが、息子。
寝かしつけは何が何でもママじゃないとあかん!という鉄則が彼の中にあり、どれだけ眠くてもママがいないと寝ない。
パパのことが大好きでも、寝るときだけは「パパじゃない!パパは来ないで」と言ってのける。
これは生まれてこの方ずっと…3年という年季が入った筋金入り。

そんなパパが
「(息子と)いっしょに寝るって約束した。お風呂で。
だから(娘は)よろしく」
と言った。
「ずっと泣かれるほうがつらいし…」とも。
(確かに、昨晩は1時間号泣し続けてたし)

しかし、22時になっても息子は寝ない。
寝たかなぁ…と思っても、最後はママが添い寝をしないとあかん。

娘を寝かしつけ → 息子のもとへ。
娘が泣いて起きた!
息子が寝たような気配 → 娘のもとへ。
おおっと、息子が起きてきた。
娘を寝かしつけて → 息子のもとへ。

あっちに行ったりこっちに来たり、
布団に入ったり出たり、
ウトウトしたり起きたり…
てんやわんやで事が終息したのが、ただ今。
結局3時間かかった。

「うちの子、10分もあればすぐに寝るで~」
「パパの寝かしつけでも大丈夫よ」
というママ達の声が
「宝くじで1億当たったで!!」という声に聞こえる。

パパにもママにも成功体験が必要やわ。
どんなちっちゃなことでも「これならできる」って自信がつかないとやる気が出てこない。
何かないかな?
考えよう。。。



スポンサーサイト



コメント

Secret