FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

宿題を忘れるの巻 続編

いつになったら、前回忘れた宿題のリベンジを図るんだろう…と思っていたら、
ひょんなタイミングで
「あっ!ちょうどよかった。いまさ、ママ、きいてくれる?」
音読の宿題を自ら始める。

息子の部屋で部屋干しを始めたら、
「ママ~」と兄妹で後追いしてきた。
机の上にあった学校の準備が目に入ったのか、
突然「宿題、見て」モードに入った息子。

音読したら保護者のサインをもらう表を見せ、
そこに載っているお話の題名だけを読む。
何度も読む。

んんんんん?
もしや、宿題の意図を理解してないんじゃございませんこと?

「あんな、きっとな、ここを読むんじゃなくて、国語の教科書を読むんと違う?」
尋ねてみたら、
キョトンとした顔。
数秒後、
「そうか!あったわ、きょうかしょに、これ」

その後、一生懸命読んでくれました、6回も。
「あのさ、ここのな、てん(読点)にきをつけてよむねんで」

兄の素晴らしい音読に、妹が呆然と見入る。
終了後、
「つぎは、なによんでくれる?」
リクエストを始める妹。

立派な音読に、母は、大きな◎をつけました。
嬉しかったなぁ

でも、発覚した新事実に衝撃。
宿題の指示を正確に理解することが、まだまだ難しいんだな、一年生って。
音読の表を親に見せて、サインをもらってくることが宿題だと思っていたらしい。
そうか、
そこには気づかんかったなぁ。
2日前の朝の涙には「何が何だかわからん」気持ちもあったんや。

まだまだ観察眼が鈍いぞ、私。

新しい気づきをありがとうね。
スポンサーサイト



宿題を忘れるの巻

金曜日の朝、
出かける間際のこと。

「あっ、これ。ママ、あんな、これな、あんな…」
様子が妙だ。
パッと見て、すぐに分かる。
音読の宿題を忘れてたらしい。

先生に怒られること。
約束をやぶってしまうこと。
もっとも息子が怯えること。

(よんでないけど、わすれちゃってたけど、ひとまずハンコおして)という
息子の視線を感じたけれど
母の答えは、
「このままで行っといで」
「きちんと考えてみ」

泣く。
泣けてきた、息子。

いろいろパパがフォローをしてくれたけど、
それも、いらん。
自分の頭で考えてほしい
なんで、泣けてくるのか。
なにが、あかんかったのか。
次から、どうしたらいいのか。

半泣きの顔で、石ころを蹴りながら、しぶしぶ集合場所に向かう息子。

きっと、宿題を忘れて悪かったなって思いは
すぐに消える。
先生に怒られたら、どうしようって心配も
学校に行ったら、すぐに解消。
今日から気をつけよう!なんて行動にうつる可能性は
40%ぐらいかな。

諦めではなく、
こどもって、こんな感じなんやと、大人が自覚し、
だからこそ、
折に触れ「なんであかんのか」「どうしたらいいのか」を
考える機会を準備しようと思うのです。

「宿題は夜のうちにせなあかん」
「困るのはあんたやで」
「明日の準備はもうしたんか?」
親が言うのは簡単。
でも、
「言われなきゃできない子」をつくるリスクもあるから、
そのさじ加減が難しい。

「〇〇しいや」と結論を言うのではなく、
「〇〇しいひんかったら、△△になるよな」と本人が気づき、考える場を
あの手この手で作っている途中。

母も、日々、修行中

ちなみに、
学校から帰ってきた息子の口から
「忘れた宿題」のことは一言も出てこなかったし、
金曜日の夜ということもあって、
ランリュックは閉まったままで、机の上に鎮座。

母は、何も言いません。
気づけ!

〇〇小学校でなかったらよかった・・・

「ママ、〇〇小学校でなかったらよかったのに」
夕食時に、息子が言う。

げっ!

小学校がイヤ…ではなくて、今、通っている、その小学校がイヤ…ってこと?
重症やん。
・・・・・・・と思ったけれど、
平常心キープ

「なんでなん?」
明るく尋ねる。

「だってさ、よるの9じになったらな、3かいのといれにな、
 しにがみがでるんやって!」
「おんがくしつでもさ、ピアノがかってになるんやで!」

ほっ!
なんや、学校の怪談やん。
でも、
本気でビビるもんなんやなぁ、一年生。

「こわいなぁ。そんなん、いやや」
娘が絶妙の反応。
兄も、
「そやねん」

こどものが発した言葉を、大人の解釈で理解しようとすると、
本心を見誤ることがよくある。

これは、長年、感じ続けてきたこと。
自分の胸の中に在る、もやもやっとした感情の正体を
適切な言葉で表現できるようになるのは、もっと後。
というより、
大人になっても上手く表現できないときがある。

だから、
大人の頭で翻訳するのは、ときとして危険
こどもの
そのときの、こどもの表情やしぐさをよく見て、「言葉」ではなく「気持ち」に目を向けんとあかんなぁと思うのです。

エトコロええもん一品市開催しました

とっても気持ちのいい一日。
日曜日にエトコロスタッフで大掃除。
屋内も屋外もすっきりした中で、
本日はエトコロええもん一品市

当日の様子はこちら→エトコロブログ

地域の手づくり作家さんの出店。
身体に優しいランチ&美味しい珈琲のカフェも開店。
いつもと違う空間。

イベントの宣伝がまだまだ足らなかったなぁ…と反省点はあるものの、
初めてエトコロにお越しいただいた方にも楽しんでいただくことができ、
初開催にしては上々の滑り出し。

5月だけれど、
水遊びにいい日だったので、
びっちょびちょになりながら、
遊びに来てくれたこどもたちと楽しんだ
DSC04543.jpg

いろんなことができるエトコロ。
でも、
建物があるところには、維持管理費が発生する。
スタッフが居るところには、人件費が発生する。
講師を招こうとすると、謝礼金が発生する。
ええところを継続していこうと思うと、
活動資金は必要不可欠。
連日無料開放…というわけにはいかんのです。

こういう「お金が循環する話」を、
こどもたちの体験講座の中に組み入れたいと
妄想中。

リアルこども商店街。
やってみたいなぁ。
値段を安くしたら、売れるけれど、儲からん。
誰か一人が勝ち抜ける商売が大きくなると、どんな連鎖が起きるのだろう。
銀行も登場させたりして、
こどもたちの頭を使った商売をリアルにやってみたい。

きっと、
こどもたちから、いろんな気づきがもらえるはず。
やってみたいなぁ。

どなたか、お金に詳しい方、いっしょに企画しませんか。

見方・捉え方・考え方

日曜の夜になって、38度超の発熱。
息子です。

「日中、あんなけ元気に遊んどいて、なんなん?」
明日、休めない仕事のある母は、
心の中で叫んでみる。
でも、
仕方ない。
これが、こどもやし。

「入学して、慣れない小学校生活、がんばってたもんな」
「学童も、毎日遅くまでやったし」
「習い事も、新しく始めようとしてるから、精神的にもしんどいのかも」
「たまには、のんびりさせたらなあかんのかな」
「親の仕事のペースに合わせてばっかりやとあかんなぁ。反省」
な~んてことを
考えだしたらきりがない。

心当たりなんて、探せばいくらでも出てくる。
後付けの理由もなんぼでも出てくる。

どこかに原因がある!改善しなくちゃ!と思いこんで見はじめたら、
悪いところばっかりでてくる。
「私が悪いねん」
「いや、こども自身にも問題がある」
「パパの協力が足らん」
なんて、日常、思ったことはない。
なら、
息子の発熱は、たまたま。

目の前の息子を看病する…これでいい。

子育ちの過程の中で、やりにくさを感じ始めると
「どこかに原因があるはずで、
 その原因を解消したら、うまくいくはず」と思ってしまう。
でも、
子育ちは、そんな白黒はっきりつくものじゃない。
むしろグレーゾーンがほとんど。

富士山だって、
見る方向によっては、「え~、思ってたんとちがう」と感じるもの。

見方と捉え方、考え方一つで
その後の声かけがポジティブになるか、ネガティブになるか、
変わってくるよなぁ…と思う
今日この頃。

ならいごと part3

本人はいまいち乗り気でないけれど、
通うことにしました、体操教室。

「どうしたら、やめられる?」
「なにができるようになったらいいの?」
息子の口から出るセリフは、後ろ向きに前向きな言葉ばかり。

「いやがる子を無理やり通わせても効果ないで~」ってセオリーもあるだろうけれど
食わず嫌いは、食べてみなくちゃわからない。
まだ、6歳。
知らない世界がほとんど。
やってみて、精いっぱい取り組んでみて、それでも合わないなら、辞めたらいい
これだけを息子と確認。

テンション低い息子を教室に送り出し、
どうなることかと様子を見る。
所在なさげな息子…。
通い慣れたこどもたちのテンションの高さと反比例して、
息子のテンションは下がっているような気が…。

でも、
柔軟体操を終え、本格的に体操が始めると、
ええ感じの笑顔がこぼれ出す。
さすが、先生。
絶妙なタイミングで声かけ&誉め。
にんまり笑いながら積極的に取り組む息子。

教室終了後、
「ママ、たいそうきょうしつ、1ねんせいがおわるまではつづけていい?」
なんと
なんと、前向きな言葉!!
もちろんです。
1年間といわず、その後も続けて頂いて構わないのですが…。

知らない世界はとっても怖い
第一子は、特にそうかもしれない。
漠然とした不安から、「やりたくない」と言っちゃう
これは、こどもも大人も同じ。
やってみたら、おもしろかった。
こんな経験、よくあること。

まだまだ発達途上の未熟な脳をもつ一年生。
「自分からやる」と言ったくせに、がんばらない。辞めたいという。
これは、至極当たり前。
「やりたくない」と言いながら、やってみたらツボにはまっちゃった。
これも、よくあること。
まだ大人の脳じゃない。
先をイメージする力は、まだまだ未熟
全ての判断をこどもに任せ、
責任を担わせる…にはまだ早い。

毎晩
「たいそうしよう」と、声をかけてくれる兄妹。
親子で柔軟体操を楽しみながら、
動ける身体づくりを共に頑張りたいと思います。

バク転のできる母はかっこいいかも…と
密かに「バク転教室」への参加を考えたりする今日この頃。
「ママもがんばってるやん」と
魅せることも大事~。

健康長寿

受託していた大きな事業の会計検査が無事終わりました。
この、すっきり爽快感といったら、もう・・・。
自分にご褒美を。
マッサージに駆け込むのでした。

半端ない背中の張りと、肩の凝りに
「大丈夫ですか」と心配してくださったスタッフさん。
ありがと~。
また来ます。

凝りもほぐれ、テンション高くこどもたちと遊ぶ。
「ママ、だ~いすき」と娘が言ってくれるので
兄の口からも言わしたろ!と誘導するも
「まぁな」と。
照れを覚えた小学一年生男児。

「なぁ、(ぼくが)おとうさんになったら、ママはおばちゃんやんな?」
と言うので
「そう?おばあちゃんかなぁ?でも、ママと結婚するって言うてたやん」
と応えたら
「えっ、そのとき、いきてるの?」
と真顔で尋ねられた。

孫の顔を見るまでは死ねません。
健康長寿を誓うのでした。

ママがぐっすり寝ないから

今週は、あちこちに研修に出かけたり、
打合せをしたり、
締切のある書類をいくつも抱えていたり…。
本当にバタバタで。
こどもたちを寝かしつけながら一緒に寝た後、
夜中に起き出して仕事…というケースが多かった。

となると、
俄然、多くなるのが、
夜中に目を覚ます回数 by娘。

もともと一晩ぐっすり寝ることなく、
何度か目を覚ましてグズグズ言いながら再び寝る…タイプの娘。
(お兄ちゃんも4歳?5歳?になるぐらいまでそうだったし、
 諦めの境地)
たまに大泣きして途方に暮れることもあり。
だけど、一緒にくっついて寝ていると、
目を覚ましても、また、そのまま寝てくれることが多い。

ところが、
ママが隣にいないとなると、即、起きる。
立ち上がる。
ママを探す。
再度の寝かしつけに時間がかかる。

仕事を抱えているときに
「今しか、仕事の時間がない」ときに
これをやられると
ほんまに困る。

早く寝ろオーラを出しながら、だと、寝ないんだなぁ、これが。
寝たと思って、そっと離れたら
ぱちっと目が開くんだなぁ。

「ママが、いい~」
「いっちょにねようよ~」

ほんまやね。
ママがぐっすり寝ないから、あなたも寝られへんのやね。

「なんで、うちの子、ねーへんの?」の原因の一つは
ママでした。
すまん。

小学校へ 絵本の読み聞かせに

息子、今年から小学生。
母、小学生ママになりました。

小学校のあたりまえを親子で学んでいる、真っ最中。
先日は
初めての家庭訪問に、初めての授業参観。
「うわっ!おかーちゃんみたいや」と
ドラマに出てくる母親のようだと実感。

ようやく小学校に行けるようになった。
「いまどきの小学生」とふれあうチャンス到来!
週に1回の(絵)本の読み聞かせボランティアに立候補。
今日が、初日でした。
息子のクラス、一年生。

教壇に立つと、昔取った杵柄、先生仕様に。
全員まきこみますよ~。
メリハリ、ありますよ~。
聞く環境調えますよ~。
と前のめりになりながら、
「ちゃうちゃう、今日は、近所のおばちゃん」だと自分に言い聞かせる。
先生じゃない。
先生らしくないほうがいい、きっと。

「あのおばちゃん、おもろいわ。
 いっしょにいたら、楽しいねん。」
その延長に、こどもたちの居場所となれたら嬉しい。
先生にも、ママやパパにも、友だちにも見せられへん顔を
ひょこっと見せてくれたら嬉しい。
「しんどいねん」ってゆーてくれてええよ。

毎週、いろんなクラスを回ります。
もんのすごく楽しみ。

いずみ保育園 子育てオープンスクールのご案内

ご縁を頂き、
大阪のいずみ保育園にて講演いたします。

今回は、ふれあい遊びを実践的にご紹介。
親子連れでご参加いただいた方には、
その場で体験して頂きます。

「こどもたちは、あそびを通じて成長する」と
よく言われます。
「どうやって遊んでやればいいのかわからないんです」
というご質問も、よく受けます。
「幼稚園(保育園)で遊んでくるし、お外遊びもするし、それで十分」
という方も少なくない…かな?

大人になるにつれ
「遊び」は「余暇」の時間扱いになり、
「仕事」や「勉強」、「家事」などから切り離される。
「遊び」は、
趣味に使う時間・リフレッシュする時間…
余裕がなくなってくると「遊ぶ時間なんてないし!」となる。

「こどもに必要な『あそび時間』ってどれぐらい?」って
数字で表したくなる。
でも、
こどもたちは、24時間が遊び
楽しく遊ぶ過程の中で、いろんなことを身につけて行く。
こどもたちから「あそび」を奪うのは、「学びの機会」を奪うことと
実は、同じ。

特別な時間を確保して
特別な遊びを提供する必要は全くなく、
毎日のふれあい中で、ちょこちょこ遊ぶ
声をかける
「大好き!」ぎゅ~っと抱きしめる
それだけで、
こどもたちの脳はどんどん磨かれていきます。

こんなお話をするのが、6月20日。
条件はありますが、一般参加も可能なオープンスクール。

ご案内はこちら → いずみ保育園ブログ

いずみ保育園チラシ

TUNAGARU会 in 甲賀市

今年も開催される子育て応援★CHEERS STATION甲賀市こども応援課とのコラボ企画。

TUNAGARU会

5月31日は、子育ちのお話に伺います。
今年のテーマは、
「子どもが変わる!ほめ方、しかり方 
  ~思春期を迎える子どもたちへの準備~」

こどもの成長に伴って、親のかかわりかたも変化していく…ことが、
現実問題、
なかなか難しい。

こどもは、日々成長…しているのだろうけれど、
親の目から見たら「じれったい」
「やる気が見えない」
「しゃきっとしてない」
見えてくるのは、課題だらけ。

悶々としたこの思いを、誰かと共有したいけれど
「こんな情けない話、みっともなくて、相談もできひんわ」という方も
少なくない。

ならば、
何でも話せる場所を設けましょっ。
ってなことで、
講演会&茶話会。

今年から小学生の母となった私も、
講師ですが、当事者でもあり。
31日がとても楽しみです。

詳しい案内はこちら→TUNAGARU会案内

落としたら割れる

数ヶ月前から?
気が向いた時に、自分のつかった食器を流しに運ぶようになった娘。
最近は、たいてい運ぶように。

自主的に…なんと立派な…と感心してたら
「ママ~、おちちゃった
「ああ、われちゃった、ごめんねぇ

見に行くと、ぱか~んとわれておりました。
母のお茶碗。

11265619_687566811372336_6512116752436696996_n.jpg

流しは高くて、何が置いてあるか、娘からは見えない。
だから、物の上にお茶碗を載せて…ぐらぐら~と落ちたらしい。

「ママのおちゃわん~

泣かなくていいよ~。
怒るところあらへんもん。
きちんと片づけようとしてくれた…花マルですやん。

プラスチックのお茶碗でなくて良かった。
落としたら割れるお茶碗で良かった。
貴重な学びの機会になりました。

「おとしたらわれちゃった」
「われちゃったら、つかえなくなるし、かなしい」
「つぎは、ちゃんとする」
瞬時に学んだ3歳さん。


落とされたら困るし、
割れたら危ないし、
こどものうちは100均のプラスチックで十分…と思ってた時期もあったけれど
そう思ってると、そもそもの扱いが雑になる。
親子で。

「だいじだいじやなぁ」と
丁寧にモノをあつかうこと、
これって、人とのコミュニケーションにも活きてるよなぁ…と
最近思うのでした。

ならいごと part2

「サッカーきょうしつやったら、いってみたい!」

保育園のサッカー教室で、
「サッカーとくいやねん」モードに入った息子が言う。

「そんなに甘いもんとちゃうで」
「遊びの好きと、競技の好きは違うし、遊びと練習は違うんやで」
母の頭の中にはいろんなメッセージが浮かぶけれど
言わない。
(母の鍛錬①)

「じゃ、体験に行ってみる?」
ようやく送迎の都合がつきそうになったので、息子とGO。

同じ小学校のお友だちがいたから、テンション
年長さんや小1さんの同年代ばっかりだから、怖くもない。
練習中に
「ママ!サッカーきょうしつにいきたい!」と叫ぶ。

最初は楽しそうだったけれど、
だんだん疲れてくると、ちょこんと数秒しゃがむ場面もちらほら。
本人に自覚はないらしいけれど、
きっとこれから、わかるはず。
練習するってことがどういうことなのか。
やり続けるってことがどういうことなのか。
自分で気づいて、考えて。
そんな経験を積めるなら、とってもありがたい。

教室終了後、「通うとなったら?」とコーチに相談。
すると、
下校時間に合わせると、高学年のお友だちもいるクラスにしか通えないことが判明。
このことを息子に伝えたら
「じゃ、やらない!」

そう、高学年のお兄ちゃんが怖いらしい。
いじめられた経験があるわけでもないけれど、
なんとなく「こわい」イメージがあるようで。
「ば~んとぶつけはるかも…」とか、ぐちぐち。

「なにゆーてんの、ちっちゃいな!へたれ!」
と心で思っても言わない。
(母の鍛錬②)

「知らんもんは不安、不安やから怖くなる。
そら、そうや。
でも、やってみたらおもろいかもよ。
小学校のおともだちも、おんなじ時間に変わらはるらしいし」
そう伝えて、ようやく
「じゃ、やってみる」と。

こどもならいごと
親の想い子の実感
難しいもんやなぁ…

ならいごと part1

しゃきっと立つ・座る。
大きな声であいさつを自主的にする。

なかなかできひんもんらしい、息子。

どうしたもんかなぁ…と考え続けて2年・3年…。
運動は、きっとできるほうだと思うからこそ、
動ける身体をきちんと育んでほしいとの思いもあって、
過去、体操教室の体験に行ったこともあったけれど
「いきたくない」と本人が言うので
お蔵入り。

あれから3年(?)
やっぱり体操教室に通って欲しくて、
もう一度体験教室へ。
今回は妹も一緒。

乗り気でない息子。
でも、教室での様子を見ていると、できないこともないし、
何やら楽しそうな場面も。
教室終了後、
「楽しそうでしたよ」と先生も仰ってくださった。
本人も「おもしろかった」と。

しかし、
「かよいたくない!」、気持ちは固い。

「おもしろくても、かよいたくない」
その真意は、尋ねてもよくわからない。
本人も言葉にできないようで
「とにかく、なんとなく、通いたくない」のが正確なところ。

ならいごと、親がむりやりさせても、効果ないですよね?
どうしたら、やる気になるんですか?
しゃきっとしないわが子にイライラ。どうしたら、ションとするんでしょう?
何十回・何百回、相談を受け、都度、応えてきたけれど
相手がわが子になると、
なかなかの苦戦。

で、
今回の結論は、
本人が渋っていても、やってみよう、体操教室。

気持ちから始まるものだろうけれど、
身体・姿勢を調えることから生まれる思考・気持ちもある。

育脳の実践、新天地で。

家族で毎晩、柔軟体操。
始めました。

しかし、こどものならいごとって、
もちろんお金はかかるし、
送迎などで親の時間も割くし、
ときに、親子でぶつかることもあるし…
大変やなぁ。