FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

夜、お布団の中で話すこと

娘を先に寝かしつけた後は、
息子にじっくり向き合う絶好のタイミング。
毎晩は難しくても、
余裕があるときには心がけているお楽しみの時間。

今晩も
顔と顔を突き合わせて、
「くっついてるなぁ」とか言いながら、
くすくす笑う。

こういうときに話したことは、
するするする~と息子に沁みこむようで。

ママ「あんな、なんでな、(お兄ちゃんは)お友達とか妹に優しくできるんかなぁ?」
息子「・・・・・(にこにこにこ)」
息子「だってな、あたまのなかでかんがえるからやもん」
ママ「そっかぁ。考えるって大事やもんな」

ママ「朝な、(妹が)お着替えせーへんかったときな、ママ、怒ったやん?
   (妹)泣いちゃったやん?でも、ママほっといたやん。
   そのとき、『お着替えできる?お兄ちゃんとやったらできる?』って
   話しかけてくれたやん。
   (妹も)ちゃんと着替えてくれたやん。
   ああいうとき、すごいなぁ、お兄ちゃん!って思うねん」
息子「・・・・・(にこにこにこ)

ママ「(妹が)お布団蹴飛ばしたてたら、ちゃんとかけてくれたやん?」
息子「・・・・・(にこにこにこ)」

よし!
きっと、明日からもおんなじことをしてくれるだろう!
毎回は無理でも、
習慣にはなってくれるだろう。
確信。

一日の終わりの、いちばんゆったりとした時間に
大好きなママからのメッセージを受け取る。
それは、寝ている間にちゃんと脳が吸収してくれる。
インプットしてくれる。
今までの経験則であり、
学んだ脳科学、脳のしくみでもあります。

ほんまに優しい子やなぁ、
5歳児ながらすごいよな…
素直に、尊敬。

こどもを一人の人間としてきちんと尊敬できるようになると、
気持ちを通い合わせやすくなる。
これも、脳のしくみ。

育脳メソッド。
「わかってるけど、できひんねん」って自分と
日々、格闘…
そんな自分も、おもしろい

スポンサーサイト