FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

野菜の旬

ただいま携わっている仕事の関係で、
野菜のつくり手さんのところにお話を伺いに行きました。

2月・3月にイベントをするので、
その時に提供して頂ける旬の野菜はないか…というご相談。

「んんん…、2月やったら人参があるけど、3月はなぁ…」
「3月は、野菜のない時期やし…」
「2月の分が残っていたとしても、旬が外れたもんは、味の保証ができひんわ」

この話、実は少し前にも他の農家さんから聞きました。
2月・3月って、野菜のない時期なんや。
知らんかった。
というか、
忘れてた。
野菜には“旬”があって、収穫できる時期とできない時期があるということ。
小さい頃、実家の畑をずっと見てきたんやけど…
忘れてた。

サラダにする野菜ぐらい、農家さんに行けば何とかなるやろう…と思ってました。
だって、
お店に行けば、年がら年中「レタス」「キャベツ」「きゅうり」「トマト」があるから。
特殊な野菜じゃなければ、年中収穫できる…なんてこと、いつから思うようになったんだろう。

地産地消がいいよ。
安心安全がいちばんだよ。
なんてことを言われても、
旬を外した野菜だと…なんだかちょっと違う気がしてきました。

ハウス野菜が悪いとは言わないけれど、
その土地の恵みをいただくなら、
やっぱり“旬”にはこだわりたい。

外食産業が悪いとは言わないけれど、
サラダと言えば、一年中同じものが出てくる仕様は、多少なりとも違和感が。

自分の感覚がずいぶん鈍っていることに気づいて驚きました。

こどもの発達も
野菜の収穫も、おんなじ。
成長する“旬”がある。

ちゃんと「知る」ことの大切さをしみじみ感じました。
寒風吹きすさぶ畑で。



スポンサーサイト



夜、お布団の中で話すこと

娘を先に寝かしつけた後は、
息子にじっくり向き合う絶好のタイミング。
毎晩は難しくても、
余裕があるときには心がけているお楽しみの時間。

今晩も
顔と顔を突き合わせて、
「くっついてるなぁ」とか言いながら、
くすくす笑う。

こういうときに話したことは、
するするする~と息子に沁みこむようで。

ママ「あんな、なんでな、(お兄ちゃんは)お友達とか妹に優しくできるんかなぁ?」
息子「・・・・・(にこにこにこ)」
息子「だってな、あたまのなかでかんがえるからやもん」
ママ「そっかぁ。考えるって大事やもんな」

ママ「朝な、(妹が)お着替えせーへんかったときな、ママ、怒ったやん?
   (妹)泣いちゃったやん?でも、ママほっといたやん。
   そのとき、『お着替えできる?お兄ちゃんとやったらできる?』って
   話しかけてくれたやん。
   (妹も)ちゃんと着替えてくれたやん。
   ああいうとき、すごいなぁ、お兄ちゃん!って思うねん」
息子「・・・・・(にこにこにこ)

ママ「(妹が)お布団蹴飛ばしたてたら、ちゃんとかけてくれたやん?」
息子「・・・・・(にこにこにこ)」

よし!
きっと、明日からもおんなじことをしてくれるだろう!
毎回は無理でも、
習慣にはなってくれるだろう。
確信。

一日の終わりの、いちばんゆったりとした時間に
大好きなママからのメッセージを受け取る。
それは、寝ている間にちゃんと脳が吸収してくれる。
インプットしてくれる。
今までの経験則であり、
学んだ脳科学、脳のしくみでもあります。

ほんまに優しい子やなぁ、
5歳児ながらすごいよな…
素直に、尊敬。

こどもを一人の人間としてきちんと尊敬できるようになると、
気持ちを通い合わせやすくなる。
これも、脳のしくみ。

育脳メソッド。
「わかってるけど、できひんねん」って自分と
日々、格闘…
そんな自分も、おもしろい

窓口対応に思うこと

某ショッピングセンターでのこと。

大急ぎで仕事用の服を買い、
慌てて食品売り場で食材を買い、
ダッシュで保育園にお迎えに行き、
帰宅。
突貫工事晩御飯を作りながら気が付いた。

あれ?
買った服、持って帰ってきたっけ?

案の定、どこにも見当たらず、
忘れ物センターに電話をかけ、
3人の交換手を乗り継ぎ、要件を伝える。
何時にどこで忘れたのか、
どの店で買ったものなのか、
忘れたものの特徴やサイズを伝え、
もちろんフルネームと電話番号も伝え、
電話を切る。

15分後、
置き忘れた場所の候補を思い出したので、
スタッフが少ない時間帯に申し訳ないなぁ…と思いつつ
再度電話をかける。

今度は2人の交換手を乗り継ぎ、
要件を伝える。
が、
どうやら前回の電話の処理は記録されていなかったらしく、
もう一回、最初から伝える羽目に。

忘れた私が悪い。
でも、
かちんときてしまった。

見つからなかったら…と思うと、
結構ハラハラしていたわけで。
「見つかりました」との電話を首を長くして待ってたのに、
よりによって
ほったらかしにされていたとは。

むむむ
しかし、
忘れた私が悪い。

でも、
なぁ。
釈然としない。


明日はビジネスマナー講座を開催します。
窓口対応の基本のキ
実例を交えながらお話ししてきます。

ええ話、できそうです。

2月3日の食育講座のご案内

昨年の10月から、東近江市にあるファブリカ村にて
いろんな企画や運営に携わっております。

ようやく、こどもものづくりひとづくりを融合した講座が開催できる運びに。
子育ちインストラクターとして、
講座のコーディネートを行います。

ご興味のある方は、ぜひお越しくださいませ

講座のご案内は
 こちらをご覧ください

お正月遊び

年末、保育園で「ばばぬき」を知った息子。
「ばばぬきするひと、このゆびと~まれ」と連呼。
「6かいやるからな!」とホワイトボードに、数字を書く。
①・②・④・⑤・⑥
「あれ?③がないわ(爆笑)」
家族みんなで遊ぶので、テンションがやたら高い息子+娘。

ジョーカーのことを「ジョッカー」と呼ぶ仮面ライダー育ちの息子。
ウィザードの柄のトランプにて、家族でばばぬき大会。
2歳女児も積極的に参加してくるので、4人でばばぬき。

負けそうになると泣けてくる息子。
「あかがいい」と、赤いトランプを死守する娘。
てんやわんや。
でも、それなりにカタチにはなっている。

なぜか、3回戦とも
1位 パパ
2位 娘
3位 息子
4位 ママ

「なんで(パパばっかり1位なん)よ!」
八つ当たりは格好が悪いことは分かっているようだけれど、
気持ちがおさまらんらしく、
時折ぐずぐずになる。

この傾向は、他の遊びをしているときも同じ。
「勝ちたい」
「1番になりたい」
「負けるぐらいなら、やりたくない」
なんてわかりやすいんだろう、自己保存の本能、まるだし。

さてさて、どうやって自己保存の本能をコントロールできる子にしていこうか。

親が負けてやる、のは論外。
苦い経験に向き合わせる機会を親が奪っちゃいかん。

「大丈夫、次は勝てるって」
この言い方も違う気がする。
運任せ、その場しのぎで済ませる子にしてはいかん。

「なんで勝ちたいの?」
「なんで負けるといやなん?」
「どうしたら勝てるかなぁ」
やっぱり、
息子に問いかけながら、
息子に考えさせながら、
共に悩むしかないなぁ。

「そんなんわからへんし!」とか
「いいたくない」とか、
こんな憎まれ口が叩けるようになったので、
思うようには進まないけれど、
「どうしたらいいのかなぁ?」を基本に。

考えずにキレる子にはしたくない。
そう思います。

ポケモンにはまりだした息子ですが、
「テレビ見たい」
「ビデオ見たい」
ではなく、
「いっしょにあそぼ!」と言ってくれるし、
ババヌキやら、神経衰弱やら、なわとびやら、フリスビーやらで遊ぶ方が好きらしいので、
なんだか嬉しい。

先日は「かぞくごっこ、しよう」と提案され、
「ママは、ママ。(ぼくは)いぬ」
犬役に徹して遊ぶ15分間。
母は、ひ

ポケモン、現る!

絶対に
絶対に「行かない!」
行くわけがない。

そう思っていたのに、
行ってしまった。
ポケモンセンター。

スーパー戦隊にはまり、
仮面ライダーにはまり、
バンダイに精一杯貢いで、それで終わると思っていたら、
今度は
≪ポケモン≫
なんと、任天堂のお出ましです。
強敵です。

ポケモンセンターのフロアには
うじゃうじゃ人がいてびっくり。
ずっとゲームしているこどもも目立つけど、
ずっとゲームをしている大人もいてびっくりした。

ゲームが悪い…とは思わないけれど、
四六時中ゲーム優先はどうかと思う。
場を楽しむこと
人との会話を楽しむこと
空気が読めること
時間に応じて切り替えができること
ここらへんの力を鍛える機会を逸するならば、
少なくとも、わが家にはゲームはいらんなぁ。

こども自身が
きちんと自分をコントロールできるようになるまでは、
ゲームは買わん!
そう固く誓う。

で、わが家の息子さんがはまっているのは
トレッタ…というしろもの。
ゲームセンターに行かなくちゃ遊べない。
しかも、1回100円。

幸か不幸か、この100円が彼の価値基準の一つとなり、
「このおもちゃ、ほしい」と言ってきても
「このおもちゃ、トレッタ30回分やで」というと
引き下がるように。

さらに、
幸か不幸か、
ポケモンの世界は、パパの興味も引くようで、
ポケモン図鑑などを親子二人で見ながら、それはそれは仲良しで。
ママべったりの5歳児は、
「パパとあそぶの、たのし~」と言うようになりました。

息子が飛び込んだ世界。
全否定しても得るモノはなし。
うまく利用しながら、脳力を磨いていこうと思う。

2014年の幕開け

2014年の幕開け

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いいたします!

さて、新年の抱負。

今年は“片付ける”がキーワード。
なんでもかんでも抱え込んで山盛りにするのではなく、
一つ一つ丁寧に片付けていくことを誓います。

即断即決は苦手ではないはずなんだけれども、
「やりたいことがありすぎる」
「やらなきゃいけないことがどんどんたまってきて、さばききれない」
こんな状態になることが、とても多い。

自分の処理速度・機能を高めるか、
「やりたくても、誠実に向き合えないことなら断るか」の英断もできるようにならなくては。

今までずっとずっとできなかったことだけに、
「できる」ようになったなら、
とっても大きく化けるはず。

“片付ける”という言葉には、“縁を結ぶ”という意味もあり…。
人と人の出会いの場、
人とコトの出会いの場、
人とモノの出会いの場を演出していきたいとも思います。

どうぞよろしくお願いします