FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

昔取った杵柄・・・

日野ダリア園に行きました。
見頃はもう少し後かも…と、園のおばさまが仰ってました。
でも、見事なダリアがいっぱい。

IMG_9444.jpg

娘の手と比べたら…

IMG_9460.jpg

大きなダリア、
小さなダリア、
色とりどりのダリア。

「なんで、おはなばっかりやの?こうえんへいこ~よ」
早々にダリア鑑賞に飽きた息子は、
カメラの前にも立ってくれず、
「きょうりゅう、とって!」

IMG_9443.jpg

誕生日プレゼントの恐竜4体を自宅から持参。
公園で戦いごっこをすることを期待してついてきたのに、
専らお花をぶらぶら見て歩く…のが不満らしい。

それなりに付き合ってはくれたけれど、
早々に退散。

公園へ。

そこで見つけた、すんごい滑り台。
階段はなく、
滑り台を利用しようと思ったら、でっかいジャングルジムに登らなくちゃいけない。
なかなかハードルが高い。

IMG_9465.jpg

年中さんは、クリア。
でも、2歳になったばかりの娘は…ねぇ。
と思ってたら、
がんがん登ります。
怖いものなし。
慌てて後ろからついていき…。
でも、
手を貸すと自分で体を支えようとしなくなるし、
「ママがいる」と油断するので、かえって危ない。
落ちたら拾える…ぐらいの距離感でついていくと、
無事に滑り台まで到着。

ハラハラもんです。

でも、母は体で学びました。
親は「よかれ」と思って手を貸しがち。
でも、
工夫すれば自分でクリアできる状況なのに、手を貸しちゃうと、
こどもは自分で自分の身を守る必要性を感じなくなり、
予想外の危険行為をしでかす。

最悪の状況は回避できる環境の中でなら、
こどもを信じてやらせてみるもんですね。

公園には、登り棒があったので、昔取った杵柄。
するすると登って見せました。
鉄棒でも、逆上がりや足かけ回りをこどもたちに披露。
どうよ!母の姿。
まだまだ動けるぞ。

勢いで、さるわたり(うんてい)にもチャレンジしたら、
これがなかなかきつかった。
体重が重いせいか、腕の筋肉が落ちたせいか…。

痩せよう!またまた誓ったのでした。
スポンサーサイト