FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

優しい兄

お兄ちゃんのことを、ずっと
「ちゃーちゃん」と呼んでいた娘。
一ヶ月ほど前から
「おにーちゃん」と言えるようになりました。

ちゃーちゃん
おにーちゃん
呼び捨て
いろいろ使い分けながら、大好きな兄の後を追う。
おんなじことをしたがるので、
度々兄ともめる。

「ぼくのたからものやから、さわらんといて!」
必死で兄が訴えても、
「自分が一番」の塊の2歳児には通用しません。
体当たりで兄のおもちゃを奪いに行く娘。

横暴極まりない妹を
殴りたいし、
蹴りたいし、
やっつけたい衝動に駆られるも、
そんなことをしたらママに怒られるし、
そもそもやったらあかんし、
でも、腹が立つし、
泣けてくるし…
振り上げたこぶしで自分の太ももを殴る。

「もう!(妹なんて)だいきらい、めんどくさいなぁ」
「おにいちゃんやめる!」
そういいながら、おもちゃに八つ当たりすることも。

たまに、妹をど~んと突き飛ばすこともあるけれど、
基本は“我慢”の兄。

すごいなぁ…と感心する。
イライラのぶつけようがないよなぁ…と気の毒にもなる。
そんなときは、兄をビップ待遇。
ママ抱っこを進呈。

「宝物は自分のもんやもんな。(妹には)貸したくないよな?」
「分かる分かる」
「(妹は)やんちゃやなぁ」
「(お兄ちゃんは)我慢ばっかりで辛いなぁ。でも、えらいんやで」
そういって、17㎏の息子を抱っこし、さんざん泣いていただきます。

必ず娘が走ってきて
「うんにゃん(自分のことをそう呼ぶ)のママ!」
「がっこ(抱っこ)してよ~」
泣いて抗議しますが、しばらくは兄優先。

兄が泣き、妹が泣き、大騒ぎ。
最後は、母が根性で二人を笑わせ、おしまい。

「兄妹なんやから仲良くしなさい」と無理難題を押し付けるよりも、
二人とも素直にがっつり泣いていただき、
二人の気持ちにそれぞれ添うてやる方が、
結果として深刻な兄弟喧嘩を招かない気がします。

人の寄るところにトラブルはつきもの。
「ケンカはしない」と、
できない約束を交わすのは互いにストレスです。

まぁ、どれだけやりあっても、
やっぱりお兄ちゃんが好きで、妹が好きな、兄妹。

パジャマのスナップが留められないと訴える妹に
「おにいちゃんがやったるな」




ママやパパの愛情を3年間独り占めしてきた兄は、
ほんまに優しいです。
スポンサーサイト