FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

興味関心のアンテナ

息子が大きくなるにつれ、
「やっぱり、男の子やなぁ」と思うことが増えてきています。

家の中では、
「ママ
「ママが、いい」
ママ大好きが炸裂し、甘えん坊王子なのに、
友だちの前に出ると、なぜか悪びれた態度に。

「なんでやねん!」
「こっちまで、来てみろや」←これは、なぜか独特の節つき
「□△?×○☆…!」よくわからんことを叫ぶ

普段は自分のことを名前で呼んでいるのに、
友だちの前だと
「俺」になる。

笑えてきて仕方がない。

「ママはな、『俺』っていう言葉は好きじゃないねん。
 ちょっと怖いねん」」と伝えると
「わかってるで」と言って、
TPOに応じて
名前・ぼく・俺、を使い分ける。

「やったらあかんこと」
「言うたらあかんこと」
ちゃんと理解しているあたりが賢い

息子の遊びの傾向も、男の子ならでは…に傾倒しつつあり、
大好きなキョウリュウジャーの食玩で、日々、ワンダーランド。
飽きずに延々…組み立てて、分解。
組み立てて、分解。
自分なりの世界観が、湧き出てくるようです。

IMG_9254.jpg

プラモデル的な食玩は、パパも好きらしく
「こどものときに買ってもらえなかった」感がパパを突き動かし、
積極的な購入につながる。
組み立てるのが面白いらしい。
私は…
プラモデルの組み立てなんて、ほんまに勘弁してほしいので、近づかない。

だんだん、息子の興味関心のアンテナが、私の予測不能なところに立ちだした。
これはしっかり自覚しておかなくては。

私が好んで行くところ、見るもの、そういうところに連れて行くだけでは、
息子の好奇心は満たされなくなってきた。
「え~?」と、いまいち気乗りがしないことであっても、
いろんなところに連れて行って、息子のアンテナの感度を磨いていこうと
しみじみ思います。

息子のアンテナの感度と
パパのアンテナの感度は、
やっぱり近しい。
そろそろ本格的にパパの出番だよん。


スポンサーサイト