FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

びちゃびちゃの靴

昼過ぎから予想外に雨脚がきつくなり、
サンダル仕様のお仕事靴を履いて出かけた足元は、びちゃびちゃ。

歩くたびに、ぐっちゃぐっちゃ音がする(ような気がする)。
この感触、いつ以来かなぁ?と記憶をたどると、
行きつく先は小学生の頃。

小学校が遠く、片道3キロ超を歩く登下校。
雨が降った日は、すぐさま靴の中が水浸し。
長靴を履け!と親に言われても、長靴を履くのが格好悪くて履かなかった。
雪が数十センチ積もっても、靴で。
そりゃもう、しもやけもできたもんです。

ええ、昭和の生まれです。

今の子も、しもやけはできるのかな?
雨でびちゃびちゃになった靴は、自分で工夫して乾かすのかな?
何でもかんでも大人が先に世話を焼いちゃって、
そんな機会はないのかもしれない。

「水たまりにはいったらあかんで!」
「濡れるやろ」
「汚れるやん」って、やいやい言うよりも
「濡れたら自分で乾かしや」
「汚れたら自分で洗いや」方式をとったほうが、
こどもも考えて行動するようになると思う。

できる限り、「自分で」推奨派の私。
息子が自分で靴を履けるようになったころから、息子の靴には無関心になっちゃってた。

先日、保育園から帰る車の中で
「ママ、くつ、あながあいてるねん。ぼろぼろやで。」と告げられ、激震が走る。
「うそぉ~?!」
即座に確認したら、穴は開いていないけれど、ずいぶんすり減っている。
動きまくる年中さんですもの。
靴はすぐに傷む。
ちゃんと見ておいてやらんといかんなぁ…と反省。

靴のサイズと、
靴の痛みの定期点検はママ。
濡れたら乾かす…のは息子。

役割分担です。

スポンサーサイト