FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

ちょっと待った

もうすぐ七夕。
保育園でも七夕飾りづくりが…。

妹が布団にごろりと寝転がった横で、
「ささのは、さ~らさら……」
優しく歌う兄の姿にほんわか気分。

そんな兄が
「ママの(たなばたの)おねがいごと、なに?」と尋ねてくる。
真剣に考えだすと即答できない。
すると、
「ママは、やさしいママになりたいんやろ?」と。

ちょっと、待った!

「おっと、なんてことを!」と思ったのか、
即座にパパが
「ママは優しいママやろ?」とフォローを入れてくれた。

「でもな、ほんまはな、やさしいママになりたいんやって」
しつこいぞ、息子。

ママ大好きっ子だけに、ママの顔色が曇ると敏感に反応。
ママから指導が入ると即行で泣く。
泣くことないやん…ってなことでも、泣けてくるようで。
それだけに、「おこりんぼママ」を一蹴したいらしい。

そういえば、
「ママの嫌いなところは?」と尋ねると、
これまた即座に「おこるところ」と答えたのに、
「パパの嫌いなところは?」と聞いた時には
「んんん?」と考え込んだ。

パパはこどもたちの逃げ道になってくれている。
これはこれで大成功。


娘のクラス、
七夕の願いごとを書いて、今日、保育園に持って行くことに。
1歳10ヶ月に「なにをお願いする?」と尋ねても
「ばいきんまん」とか
「うんにゃんも(自分のことを最近そう呼びます)」とか
「じいちゃん」とか言うだけなので、
兄が書いてくれました。

何を書くかと思えば、
「かしこくなりますように」
そんな言葉、どこで仕入れてきた?
家では使ってへんで。

何かにつけ、妹のやんちゃぶりに辟易しているのか、
兄の願いが込められていました
スポンサーサイト