FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

安土建築工房さん

安土建築工房さんにお邪魔しました。

とっても素敵な空間がある!ということを聞いていたものの、
なかなかお伺いすることができなかったのですが、
ようやく、ようやく、願いがかないました。

しかし、めっちゃ雪が降る日になってしまい…
「日頃の私の行い?」と思いつつ、
でも、でも、雪景色も楽しめました。

 安土建築工房さんのホームページ → こちらをクリック

1階は大工さんの作業場。
木の香りが!
瞬時に実家の近くにあった大工さんの作業場を思い出しました。
私が小さいころは、小学校の机に入れる引き出しを各家庭で準備する…時代でした。
イチゴのパックが入った段ボールを引き出しにする子もいたなぁ。
わが家は、近所の大工さんのところで分けてもらった端材で、
父親が器用に引き出しを作ってくれました。
まさに「引き出し」そのもの。
これが誇らしくてたまらなかった…そんな記憶が蘇ってきました。
怖い父親のイメージが強かったのですが、
父親の器用さには、心から尊敬していたことも思い出しました。

されさて、この素敵な空間。
木の端材で作られたおもちゃがずらり。
写真には写っていないですが、木でできた椅子も可愛いのなんの。

IMG_6755.jpg

この空間をお借りして、親子教室やお話会を開催したい!
絶対に開催したい!
冗談抜きで、5分おきぐらいに思いました。

数ある木のおもちゃは、すべて‘木そのもの’の色と質感。
カラフルな色が塗られたわけでもないし、
音が鳴ったり、変身したりするわけではないけれど、
「なんにでも自由にみたてて想像の世界で遊ぶことができる」と
工房の社長さんが仰いました。
「そういう‘あそび’の空間として創ったんです」とも仰いました。

探していました。
そういう場所。

あれこれお膳立てをしなくても、「ある」もので、「あそぶ」。
すぐ近くに山もあるので、山で見つけたものを利用して、自分たちで「つくる」ことも可能な空間。

いろいろやってみたいことが膨らんできました。
企画します。

安土建築工房さん、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

スポンサーサイト