FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

初夢

初夢…何か見たっけ?
夢、見てたような…、見てなかったような…。

夜中に何度も起きて授乳したり、寝かしつけたりしていると
いつ起きて、いつ寝たか…の境目もわからず、
まさに夢か現か…の状態が毎晩です。

元日、息子に「初夢」についてレクチャー。
さてさて、どんな夢を見たかなぁ…と思って、2日の朝に尋ねてみると
「みなかったかなぁ?」
「ああ…みたみた。みた?」
どうもはっきりしない様子。
何かを言わなくちゃ…と思ったらしく
「どうぶつえんの…」と
夢の偽造らしき話をしだす。

そもそも、「夢」について教えるのが至難の業でした。
「寝ている」ときに「見ているもの」ということ自体が、なぞなぞ。
さらに、
「見ている」とはいえ、本当に見ているわけではなく、
頭の中に浮かぶ「イメージ」の話。

4歳児が持ち合わせている語彙の中で、
どれをつないだら上手く話が伝わるか…これは、ものすごく勉強になる。

そんな4歳児が、
突然、洗い物を手伝ってくれた。
手伝うというよりも、一人でやってくれました。

IMG_6678.jpg

うまいこと洗うので、びっくり。
食器を大事に扱うし、水も飛ばさない。
丁寧に布巾で拭くところまで…。
ただただ、感心。

その横で妹は、
ホワイトボードに落書きをしながら、
ついでに自分の手や足や顔にまで落書きをしている。

こどもは成長する。
気づかなくても、日々、成長している。
「できてないところ」にばかり目が行くと、
こどもの成長に気づかず、
「〇歳やのに、まだこんな調子で大丈夫?」と不安が募り、不満も募る。

こどもの成長には「相応の時間」が必要。
急かしすぎず「待つ」。
できていないところに目を奪われて、
こどもが伸ばしだした芽を摘まないように…
1月2日の誓いです。
スポンサーサイト