FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

四万十オヤジズに学ぶ…から、ないものねだり

11月16日、とっても面白い講演会に参加しました。
その名も‘四万十オヤジズに学ぶ’

このご時世、「オヤジ」に出会うこと自体が少なく…。
でも、講演会でお出会いしたのは、正真正銘の「四万十オヤジ」でした。
 梅原 真さん → 詳しくはこちら
 畔地 履正さん→ ブログはこちら

いろんな感想があるのですが、一番最初に感じたのは
「ものづくりができる人がうらやましい~」という思いです。

ずっと「教育」「育成」の現場にいた私。
「形」ある「もの」を創ることができません。
「人づくりしてるやん」と言われるのですが、
ないものねだり…でしょうか、
「もの」を作り出せない自分に何がしかの劣等感を抱いています。

四万十オヤジのようなデザイナー。
美味しいもので人を幸せにする料理人。
感動を形にする芸術家。
挙げだしたらきりがない。

創りだした「もの」は「見える」ので、とてもわかりやすい。
うまくいかないこともあるだろうけれど、
得てして目にするもの耳にするものは、「うまくいったもの」がほとんどなので
単純に「すごいな」と思うこと頻り。

自分がやっていることはなんなんやろう…と思いながら、
講演会を拝聴していました。
「なにか創れへんやろうか」とも思ってみたりして。

「ここにはなんにもない」
「隣には〇〇も△△もあるのに…」
隣の芝は青く見える…。
「ちがう!あるぞ!ちゃんと足元を見ろ」
から始まったのが、四万十オヤジズ。
自分の住んでいる地域のことはよくわかっていないもんだという実例でもあります。

同じように、
自分自身のことをわかってないんやろうな…私、とぼんやり考えながら
帰路につきました。

私には何ができる?
何を創りだせる?
それは、誰かをしあわせにできること?
そして、その活動は持続できる?生業にできる?

答えが見つからないまま、
こどもたちを預けていた実家に到着。

「ママ~。まってたよ」と満面の笑みで駆け寄ってきてくれるわが子を抱っこすると
途端にゆるゆるモード。
向き合わなきゃいけない課題を抱えつつ、お母ちゃんにもどるのでした。
スポンサーサイト



11/16 高島会場子育ちセミナー 開催しました

11月16日、快晴。
高島会場での2回目の子育ちセミナーを開催。

片道90分の道のり。
決して近くはないけれど、
めっちゃ遠いやん…とは思えない親近感。
いつの間にか、高島の地が好きになっていました。

道中、道路工事のため渋滞に巻き込まれ…予定していた時刻よりも到着が遅れる。
バタバタと準備をし、間に合った…と思ったら、
プロジェクタとPCがうまく連動しない…などのトラブルで、
開始が20分も遅れました。
ご参加くださった皆様には、本当にご迷惑をおかけいたしました。
改めてお詫び申し上げます。

セミナーも、一部駆け足になってしまいましたが、
それでも
「もっと多くの方に聞いていただきたい内容ですよね」とお声をかけてくださり…
本当に嬉しかったです。
来月は3回連続講座の最終回。
心を込めてお話いたします。
 セミナーのご案内は → こちら

セミナーの帰りに、水鳥観察センターに立ち寄りました。
 水鳥観察センターの案内は → こちら

気温は暖かいのに、対岸の山には雪が…。
滋賀って本当に広いんだなぁ、とつくづく思います。

IMG_6531.jpg

水鳥…こんなにたくさん集まっているところ、今までに見たことがありません。

IMG_6533.jpg

センターの中には、カフェが併設されており…何とも言えないいい香り。
誘惑に負けて、ランチ。
窓辺の席で、琵琶湖を眺めながら、ゆっくりとご飯を食べる…。
なんて贅沢な時間。

IMG_6530.jpg

帰りもやっぱり工事渋滞。
渋滞を抜けるのに、20分以上かかったけれど、
これもまたのんびりドライブでいいかも…
と思えるぐらいの、高島timeでした。
車中から眺める琵琶湖、山、
近くにいても普段は見ていないものがいっぱいあるんだなぁ…とつくづく感じました。

IMG_6537.jpg

来月、高島で素敵なイベントが開催されるそうです。
その名も‘風と土の工藝’
 詳しい案内は → こちら
予定があるのですが、でも、行ってみたい~。

11/11 林成之先生滋賀講演会を開催いたしました

11月11日、林成之先生の滋賀講演会を開催しました。

秋はとにかくいろんなイベントが多く、
何かとお忙しい中、たくさんの方にご来場いただきまして、
本当にありがとうございました。

会場が小さく、ご参加いただいた皆様にはご迷惑をおかけいたしましたこと、
改めてお詫び申し上げます。
しかし、林先生を間近で感じる大変貴重な機会となったことは、
嬉しい誤算でした。

IMG_6522 - コピー

この日、初めて‘育脳メソッド’にふれられた方々からも
「とてもいいお話を聞くことができた。来てよかったわ。」
とのお声を頂戴することができました。
ありがたい限りです。

ご参加くださった皆様お一人おひとりに届いたメッセージは多岐にわたると思います。
 「将来世代の可能性を秘めたこどもたちの才能は、
 関わり方次第で如何様にでも変わる」

 「(こどもの)脳が何をしてほしいのか…に心を配ることで、
 こどもたちのこころを豊かに育むことができる」


教育の現場で生じる問題、いじめの問題についても、
脳科学の視点からお話しいただきました。
育脳インストラクターである私自身も、改めて深く深く感じ入りました。

「違いを認めて共に生きる」という脳の本能を磨くこと
ここから人間の「考え」が生まれます。
発達途上の未熟な脳は、何ら関心を寄せられず、働きかけることもなく放置されると、
「考える習慣」が身につかず、短絡的、衝動的な言動に走ってしまいます。
どのようにこどもたちに関わっていくか、
脳の仕組みを主軸に据えてご紹介しているのが育脳のお話です。

まだまだ‘育脳’の認知度は低く、
偏った「子育て論(方法)」だと認識されることも多いのですが、
決してそうではないことを、
講演会にお越しいただいた皆様にはご理解いただけたと思います。

「(‘育脳’に出会えて)よかったわ。知ってて損はないもん」というお声を積み重ね、
「こどもってかわいいわ。こどもって、関わり方次第で変わるよね」と子育てを楽しむママやパパ、
そして、伸びやかに活き活きと育つこどもたちが一人でも多くなりますように、。
子育ちセミナーを各地で開催していきたいと思います。

滋賀や京都でのセミナー開催を盛り上げ、
近い将来、もう一度林先生をお招きして講演会が開催できるよう、
努めてまいります。

みなさま、どうぞよろしくお願いします。