FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

元気をもらう

隙間時間を見つけて、PCに向かう。
たとえ5分でもいいから、メールチェックをしたい。

5分、10分…おお、結構いけるかも…と思ってたら、息子が階段を上がってくる音。
「ママぁ、おふろはいろ」
ありゃ~、終了や。
とほほ…と思いながらシャットダウンしていたら

「ママに元気を分けてあげる!」と言って部屋に飛び込んできた。
(私、元気ですけど…と思いながら)
「どうやって元気をくれるの?」と尋ねると、
ギュッと抱きしめてくれた
「うわっ、元気いっぱいもらったわ」と嬉しくなる。

いっしょに階段を下りながら、「なんで元気をくれたん?」と尋ねたら、
「デカレンジャーとマジレンジャーが、あなたの周りの人に元気をあげなさいってゆわはった」との答え。
瞬時に頭の中で分析。
そういえば、DVDの最後にそんなセリフを言ってたなぁ…。
「あなたの周りの人に、お風呂に入りなさいってゆわはった」
んんん…ここらへんから怪しくなる。

リビングに行くと、パパが謎解きをしてくれた。
「あなたの周りの人に幸せを分けてあげなさいって、最後にセリフがあったわ」

なるほど、そういうこと。
幸せを一番にママに届けに来てくれたんやね。
この素直さに感動する。

「(仕事中やから)ちょっと待ってて」なんて声を荒げなくてよかった。
子どもの様子を見てから声をかけないと、子どもの気持ちを台無しにしちゃうことがある。
危ない、危ない。
自分のしたいことがあると、ついつい自分の都合を考えて接してしまう。

ちゃんと子どもを見なくては。

元気と幸せをくれた息子、ありがとね
スポンサーサイト



たくさんのありがとう

日曜日、セミナーを開催するため、土曜日に最終準備。
でも、
保育園がお休みなので、息子が後ろをついて回る。
こんな時に限って、娘の機嫌もすこぶる悪く、私が抱っこしていないと号泣。

「どうせいっちゅうねん!」というオーラが体中からにじみ出ていました。
それはもう、めらめらと

夕方になり、見かねた(?)パパが「いいよ、(仕事)しといで」と言ってくれた。
夕ご飯も作ってくれると言い、号泣する娘の相手もしてくれるらしい。
足元には「肩車して~」と息子がまとわりついているけれど。

別に怒るわけでもなく、いらついてやけくそになっているわけでもなく、ごく自然に気遣ってくれたことに心から感謝。

日曜日当日も、パパは息子と娘といっしょにお留守番。
念のために、母に応援に来てもらったけれど、
娘の機嫌がよく、ニコニコだったらしい。息子も。

「ママはお仕事に行くからね」と前から話をしていたので、息子も「いってらっしゃ~い。早く帰ってきてね」と笑顔で送り出してくれた。

セミナーを終えて、家に帰るとみんなが気持ちよく迎えてくれた。
日曜日に仕事に出ることにためらいがないわけではないだけに、温かく迎えてもらえるのはありがたい。
パパにも、母にも、息子にも、娘にも、
心からありがとう

息子にはドーナツを。
娘にはおっぱいを。
餅を伸ばすかのように乳首を歯茎で引っ張る娘。めっちゃ痛い。
ささやかな抵抗?

そうそう、セミナー会場の準備と片付け。
仲良しママさんたちが手伝ってくれた。
何も声をかけていなかったのだけれど、テキパキテキパキ準備&片付け。
本当に助かりました。
ありがとう。

前職時代に何度も講演会やセミナーを開催したけれど、その時のスタッフの動きよりも断然素晴らしくて、改めて子育てママの段取りの良さ、機転の良さ、実感しました。
子育てママ達の力は社会を動かす…と信じて疑わないです。

自分ひとりの力では成し遂げられないことがたくさんあって、
でも、だからこそ、助けてくれる人との縁ができる。
今度は私がお手伝いしたいと思う。
家族も同じ。

毎日の中で「仲間になりたい」という脳の本能、「貢献心」を磨いている。

言葉では伝えきれないほどの、たくさんのありがとう
念を飛ばします!

1/29 育脳メソッドとtea timeの会 開催しました

育脳メソッドセミナー
文武両脳の種まき編② ≪4歳~7歳 就学前に身につけておきたい習慣≫
開催しました。

小さなお子様をお持ちのお母さま方ばかりでしたので、ご参加いただく都合をつけていただくだけでも一苦労だったと思います。
お越しいただけただけでも、本当に涙が出るぐらい嬉しかったです。

就学前に間引いておきたい悪い習慣をお伝えし、良い習慣を身につけて才能の発揮できる脳に!と
いろいろお伝えしたいことが多すぎて、駆け足のご紹介となってしまいました。
子育ても、セミナーも、「伝える」ことよりも「伝わる」ことを常に意識しているつもりですが、
まだまだ修業が必要です。

 自分の不足しているところを知る
  ↓
 どうすればいいのか考える
  ↓
 実行してみる

このサイクルをぐるぐる回し、私自身が才能の発揮できる脳に

ママセッションシートにいろんなお声をいただきました。
すべて私の糧です。
感謝

セミナーが一つのきっかけとなって、
子育てが少しでも楽に、楽しくなること
子どもたちの才能が芽吹き、ピカピカ光りだすこと
願ってやみません。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。