FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

ファザーリングジャパン全国フォーラム

ファザーリングジャパン全国フォーラム in滋賀

全国フォーラムの詳しい案内はこちら→ホームページ

3日間の開催。
いろんな分科会もあり、内容盛りだくさん。
私も、1日目・2日目は一日中参加。
今からとても楽しみ。

パパはもちろんだけれど、ママもたくさん参加してほしい。

いざ「子育て」の話になると、俄然パパの旗色が悪くなる。
でも、ママと全く同じことがパパにできるかと言えば、それはさすがに不可能。
パパと同じことがママにできないのと同じ。

「できないから、何もかも全部あかん。役に立たん。」と全否定してかかるのではなく、
「できる分野で力を発揮してもらう」ように働きかけること、
どれだけのママができているかしら。

一人目を出産した時、「この子は私が育てなきゃ。私がママやもん」と気負い過ぎ、
すべての世話を自分で仕切った。
知らず知らずのうちにパパを遠ざけていた。
当然、パパとの接点が少ない息子は、ママっ子になる。

娘を抱っこしながら「(息子を)こんなに抱っこしてたっけ?」とパパが時々口にする。
今は笑い話のように、「あの時は私が息子のお世話を独り占めしてたからなぁ」と言える。
さらに、「娘はどんどん抱っこしてなぁ。お世話、よろしく」と言って
いっぱい、お任せしている。


ファザーリングジャパン全国フォーラム
ママだから…
パパだから…
ではなく、ママもパパも“めっちゃ楽しい子育て”はどうやったらできるのかを考える機会にしたい。
スポンサーサイト