FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

真っ向勝負

ついにやってきた。
息子、インフルエンザ2回目の接種。

前回の注射の時には大泣き
「注射、いた~い。もういややぁ!」と泣き叫んでいたことはブログにも掲載。

今日、2回目の接種があることを伝えるべきかどうか。
ぎりぎりまで黙っておいて、病院に到着…既成事実を突きつけてみるか、
それとも
保育園に行く前にきちんと伝えて理解させておくべきか。
しかし、この方法は地雷を踏む恐れもある…

採用、育脳メソッド!

朝ごはんの時に、「保育園が終わったら、2回目の注射に行くよ」と告げる。
「注射?」と確認したのち、ぶわっと涙。
「注射はいやや!」
やっぱり泣いた。

でも、ちゃんと話す。
「痛いけど、注射したらしんどい病気にならないよ」
しばらくぐずぐず言ってたけれど、何とか注射することを受け入れた模様。

さてさて、
病院の診察室に到着。
息子の前に診察室に入った子も予防接種だったらしく、泣き叫ぶ声。
こわばる息子。
自分の名前を呼ばれた瞬間、「注射痛い!いやや」と泣き叫ぶ。

側にいた主人が、「痛い時は泣いたらいいねん。泣いていいんやで」と言う。
おっ、なかなかいいこと言うなぁ…と感心。

泣きながら一回だけ逃げようとしたけれど、
でも、
ちゃんとついてくる。

いざ、注射
「痛くないよ」とは言わない。
「痛かったら泣いていいよ」って言うようにした。
「痛いのに注射するの、すごいね」って言ってみた。
前回ほどは泣き叫ばない。
ただただ、注射を打ったことに泣けてくるらしい。

待合室で失笑を買うぐらい「痛かった」と泣いた後、「飴もらえる?」と聞く。
何のことかわからなかったけれど、前回注射の後に受付で飴をもらったことを覚えていたみたい。
しれ~っとした顔で受付に寄って行く。
飴をもらって、大きな声で「ありがとう!」

車の中で飴を食べながら「おいしいわ!」

あんなけ騒いだのはなんやった?
でも、子どもの「いやや」ってこんなもん。

「ママ、注射したからアストロスイッチある?」
今度はママにご褒美の請求。

隣で主人が「パパも泣いたらなんかもらえる?」と言い出した…
スポンサーサイト



1月15日 イクメンイベント開催

1月15日(日)にイクメンイベントを開催します。

当初は、5歳~10歳の子どもたちを対象にしていましたが、イベントの内容を工夫し、パパがお世話をできるなら何歳からでもOKにしました。

パパといっぱい遊ぶ日曜日。
その間、ママは自分時間を謳歌してください。

ふるってご参加ください

●日時   1月15日(日)10:30~13:00

●場所   滋賀県栗東市 トロリン亭
      アクセス地図はこちら

●内容   竹細工を使って遊ぼう。お天気が良ければ里山散策も。みんなでいっしょに昼食もいただきます。

●対象   パパと子どもたち

●参加費  大人1200円 子ども800円 (昼食代・竹細工の材料費を含む)

●問合せ・申込み 楽育のたね 中島宛 rakuikunotane@docomo.ne.jp

竹細工例 竹の積み木 
積み木
小さなお子様でも遊べます。
竹の音や感触、五感を使って遊べる竹の積み木、
割木作りから、簡単にできます。

竹細工例 竹のペン立て
ペン立て②
子どもの好きなキャラクターの図案でオリジナルのペン立てを作ることができます。
小さいお子様の場合は、まさにパパの腕の見せ所

    

心が折れそうなパパと、てんやわんやのママ

めったなことでは弱音を吐かないパパ。
でも、ここ数日、弱気な発言が…。

それは、夕方以降の娘のお世話。
なぜかパパが抱っこすると、泣く…しかも号泣。
パパが嫌いなのではなく、「ママじゃない」から泣くだけなのだけれど、何をしても泣かれると心が折れちゃうらしい。
しかも、ママが抱っこするとピタッと泣き止むので
「そんなにすぐに泣き止んじゃうと、パパ、悲しくなるわ」
ってつぶやいてる。

娘に輪をかけて大変なのが、息子。
寝かしつけは何が何でもママじゃないとあかん!という鉄則が彼の中にあり、どれだけ眠くてもママがいないと寝ない。
パパのことが大好きでも、寝るときだけは「パパじゃない!パパは来ないで」と言ってのける。
これは生まれてこの方ずっと…3年という年季が入った筋金入り。

そんなパパが
「(息子と)いっしょに寝るって約束した。お風呂で。
だから(娘は)よろしく」
と言った。
「ずっと泣かれるほうがつらいし…」とも。
(確かに、昨晩は1時間号泣し続けてたし)

しかし、22時になっても息子は寝ない。
寝たかなぁ…と思っても、最後はママが添い寝をしないとあかん。

娘を寝かしつけ → 息子のもとへ。
娘が泣いて起きた!
息子が寝たような気配 → 娘のもとへ。
おおっと、息子が起きてきた。
娘を寝かしつけて → 息子のもとへ。

あっちに行ったりこっちに来たり、
布団に入ったり出たり、
ウトウトしたり起きたり…
てんやわんやで事が終息したのが、ただ今。
結局3時間かかった。

「うちの子、10分もあればすぐに寝るで~」
「パパの寝かしつけでも大丈夫よ」
というママ達の声が
「宝くじで1億当たったで!!」という声に聞こえる。

パパにもママにも成功体験が必要やわ。
どんなちっちゃなことでも「これならできる」って自信がつかないとやる気が出てこない。
何かないかな?
考えよう。。。