FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

親の成人式は・・・

ニュースを見たら、成人式の様子を伝えていた。

「子どもが20歳ということは、親も親年齢20歳なんやなぁ…」と思った。
子どもを何人育てていようが、子ども一人一人は全く別の人間。
同じように接しているつもりでも、子どもに応じて親のアプローチも変わっているはず。
だから、やっぱり子どもが一人20歳になるたびに、親も親の成人式を迎えるのだと思う。

私の場合は、息子と娘の2人。
息子が20歳になったときに、私も初の“親”成人式。
そして、娘が20歳になったときに、2回目の“親”成人式。

親は子どもの数だけ“親”成人式を迎えることができるけれど、
子どもにとっての成人式は1回限り。

子どもが歩む20年間、決してやり直すことはできない。

そう思うと、きちんと子どもに向かい合わなくちゃ!と強く思う。
躾をがんばらなきゃ、とか、いっぱいいろんなことを教えてあげなくちゃ、とかではなく
きちんと子どもを「見る」こと。
真正面から「見る」こと。
いいことも悪いことも全部見逃さないこと、目をつぶらないこと。
共に居ること。

どんなことがあっても、自己肯定感だけは失わない子に育てたい!
だから、
子どもの成長に、行動に、言葉に、
驚き、感動し、尊敬できる親であり続けよう。

「大好きやで」
「ありがとう」
心から自然と湧き出る今の気持ちを、きちんと伝え続けようと思った…
そんな日でした。
スポンサーサイト



etokoro親子教室 クリスマス会

2011年12月22日

etokoro親子教室でクリスマス会を開催。

クリスマスランチ、自分たちで作った!
ポテトサラダで山を作り、そこにブロッコリーやトマトを刺していく。
IMG_3211.jpg

すると、どんどん見慣れた「何か」が姿を現してくる。
そう、クリスマスツリー
IMG_3213.jpg
食べるのがもったいない。
クリスマスツリーの周りを飾る輪飾りも自分たちで作りました。

次は、お寿司ケーキ作り。
カップにすし飯と具を交互に詰めていく。
お腹が減ってきて、自分の口にも詰めていく…頃、出来上がり。
IMG_3214.jpg
みんながそれぞれオリジナルのお寿司ケーキ。
美味しそう

紙芝居や手遊び歌で遊んだあとは、スイーツタイム。
これまた自分たちで手作り。
緑のスポンジケーキをモミの木に見立て、生クリームとフルーツで飾り付け。
出来上がりが待てず…フルーツがどんどん口の中へ…。
でも、素敵なクリスマスツリーが完成。
IMG_3220.jpg
美味しくいただきました。

お腹いっぱいのクリスマス会。
みんなのお家でも素敵なクリスマス会を


本日のママ向け育脳メソッドプチ講座
テーマは、「叱りっぱなしは何故悪い?」
子どもの才能を育む叱り方をご紹介。
自分自身にも言い聞かせながらお話ししました。

etokoro親子教室 おもちをついた!

2012年 1月5日 etokoro親子教室

今年初めての親子教室は、etokoro親子教室参加者と、近江八幡親子劇場の会員との合同企画。
雪の降る寒い日でしたが、大勢の参加者で、部屋の中は熱気でいっぱい。

まずは、おもちつき。
IMG_3283.jpg
初めて見る光景に、子どもたちは興味津々。
杵を持って、ぺったんぺったん、上手にお餅をついた子も。

つきたてのお餅を自分たちで丸める。
IMG_3294.jpg
びっくりするぐらいやわらかくて、よく伸びる。
思わず自分の口の中にポイッ。
つきたてのお餅の美味しいこと
きな粉やあんこをつけて、たくさん食べました。

腹ごなしも兼ねて、みんなで昔遊び。
お手玉やけん玉、おはじきに、駒。
皿回しに挑戦する子どもたちも。
IMG_3301.jpg
ママ達も思わず参加。
コマ回しのめっちゃ上手いママがいて、子どもたちもびっくり

あっという間に時間が過ぎて、お開きに…。
でも、まだまだ遊びたい子どもたち。
雪が積もった庭で遊ぶ遊ぶ。
IMG_3304.jpg

内容盛りだくさんの親子教室。
たくさんの参加者。
たくさんの笑顔。

今年も楽しく盛り上げていこう