FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2011/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

レッジョ・エミリア教育

いつもお世話になっているエトコロで、レッジョ・エミリア教育について学ぶ機会があった。

IMG_2666.jpg


娘は、ちょうど一ヶ月がたったばかり。
朝の一ヶ月検診で「異常なし!健康」とお墨付きをもらえたので、娘を連れて参加。

長年の塾講師の経験から学んだこと、
育脳メソッドを学ぶ中で身に付けたこと、
自分の中にあるいろんな琴線に、びんびん響きました、レッジョ・エミリア。
もっと、もっと深く知りたい、学びたい。
そして、レッジョ・エミリア教育のメソッドを取り入れながら、今後の子育て・子育ち支援活動に生かして生きたいと強く思った。

母モードから、仕事モードのスイッチに切り替わり、やりたいことがどんどん湧き出てきた

塾講師時代、保護者懇談や説明会・講演会の中で
子どもには無限の可能性があって、自分の力で自分を伸ばすことができるんだ!と、ずっと言い続けてきた。
大人の過干渉は子どもの芽を摘む。
子ども自身の力を信じて、「待つ」勇気を持ってください、とずっと働きかけてきた。
でも、なかなか……功を奏せず。
(確かに、「受験」というリミットのあるものに向かっている以上、親子ともども悠長なことは言ってられない。これも分かる)

夢を叶えられずに、あるいは、夢すら思い描けずに去っていった子どもたちを何人も見てきた。
本当に悲しかった。

自分の足で立ち、自分の頭で考え、自分の手で夢をつかむ、そんな子どもたちを育てたくて、
子育て・子育ち支援を始めたいと考えた。
そんな中で出会った“育脳メソッド”
そして、“レッジョ・エミリア教育”
自分の経験も融合させながら、「子育てを楽しむママ」「のびのびと育つ子ども」がいっぱいの社会を目指したい。

今日、出会った、素敵な詩の紹介

子どもには 
百とおりある。
子どもには
百のことば
百の手
百の考え
百の考え方
遊び方や話し方
百いつでも百の
聞き方
驚き方、愛し方
歌ったり、理解するのに
百の喜び
発見するのに
百の世界
発明するのに
百の世界
夢見るのに
百の世界がある。
子どもには
百のことばがある
(それからもっともっともっと)
けれど九十九は奪われる。
学校や文化が
頭とからだをバラバラにする。
そして子どもにいう
手を使わずに考えなさい
頭を使わずにやりなさい
話さずに聞きなさい
ふざけずに理解しなさい
愛したり驚いたりは
復活祭とクリスマスだけ。
そして子どもにいう
目の前にある世界を発見しなさい 
そして百のうち
九十九を奪ってしまう。
そして子どもにいう
遊びと仕事
現実と空想
科学と想像
空と大地
道理と夢は
一緒にはならないものだと。

つまり
百なんかないという。
子どもはいう
でも、百はある。

ローリス・マラグッツィ (田辺敬子 訳)
スポンサーサイト



お宮参り

今日は、みつさんのお宮参り
早いもんで、生まれてから32日が経ちました。
 
産院にいるときは、足も細くて、おむつ替えが恐いぐらい。
今は、むちむちの太もも。抱っこしてたら、ずっしり重い

ずいぶん首もしっかりしてきた。
兄もいるから、みつさんにばかり目を向けられないからか、とにかく一日があっという間に過ぎ、成長がとんでもなく早く感じる。
あっという間に大きくなるのかナァ?と思うと、もう既に寂しかったりする

ベビードレスを着せて奥石神社へ。
太鼓が鳴り、厳かに祈祷してもらう…最中も起きない。
大物である

記念撮影をしに、スタジオアリスへ。
3歳になった記念に、息子も撮影。

息子の機嫌を損ねないように、「ゴーカイレッドみたいな赤い服やで」と煽て、赤のスーツを着せる。
パパは「マギー司郎みたい」と言うし、おじいちゃんは「綾小路きみまろみたい」と言う。
失礼な!
男前やわ!

娘は、兄セレクトのピンクの着物。
あくびばっかりで、撮影するお姉さん、苦笑。
でも、可愛く撮れました

さすがにお腹が空いて大泣きの娘。
みんなでお食事の料亭で授乳。
授乳ケープがあれば、どこででもおっぱいが出せる母は強し。

イベント盛りだくさんの一日。
疲れた~
母のことも労ってくれ~、とちょっぴり思いました。。。

HAPPYBIRTHDAY


今日は、息子の3歳のお誕生日
 
朝から嬉しくて「3歳?なんでやねん」と照れまくり。
 
ゴーカイジャーのケーキを見て「おおっ」 
 
おばあちゃんからもらったゴーカイジャーのおもちゃ、ママからもらったゴーカイガン
その他もろもろ…プレゼントの包みを開けるたびに興奮。
パパ不在(昨年に引き続き、今年も出張)の寂しさなんて、見事に吹っ飛んでる

やっと寝付いた妹の傍で、ゴーカイガンを打ちまくる。
「起きるやんか!」と言いたいけれど、贈ったママが悪い。
見えない敵と戦う勇ましい息子。
ちょっと前までは「ア~ンパンチ」と言っていたのに、すっかり戦隊ものの虜。
男の子だなぁ…。

「3歳になったら、トイレでうんちするねん。おにーさんやから」と言っていたけれど、うんちが出そうになると、そそくさとオムツを装着。(おしっこは完璧にトイレでできるのに)
「4歳になったら、トイレでうんちするわ」宣言。
いやぁ、毎日笑わせてくれる。

心から、生まれてきてくれてありがとう

プロポーズ

突然、べそべそと泣き出す息子

「どうしたん?」と聞くと
「ママ、パパとけっこんしたら だめぇ…」と、写真を指さして、べそべそ泣く。
見れば、パパとママの結婚式の時の写真。

結婚がどんなものかわかっていないだろうけど、
とにかく「仲良しさん」だということは理解している様子。
パパよりも、ぼくと仲良しさんでいてほしい…ってことかなぁ

そういえば、こんなことも。

ちょっと肌寒かったので、上着を一枚着せたときの一言。
「ママ、服とってきてくれて、ありがとう。おりこうやなぁ。けっこんしような。」

お外で、友達とかけっこしていたときのこと。
ゴールにいるママのもとに飛び込んできて
「ママ、だいすき!けっこんしような!」
(ドラマの1シーンみたい…でも、その後、お友達も飛び込んできたので、戦場に…

いつまで、こんな可愛いことを言ってくれるのかなぁ。
ぐったり疲れるときもあるけれど、「子育てって、今しかないわ」と思うと、腹が立つことさえ愛しくなる。
振り返れば、あっという間に大きくなった息子と、
生まれたばかりだと思っていたのに、日に日にずっしり重くなっていく娘を抱っこしながら、
思いっきり子どもたちと楽しもうと思う。

あっ、もちろんパパも一緒に

可愛い来訪者

インターホンがピンポーンと鳴る。
モニターを見ても誰も映ってない。
でも、可愛い話し声がする。
 
そ~っとドアを開けると、近所の年中さん。
「仮面ライダーWが来るって、ほんとですか?」
おそるおそるだけど、しっかりお話ができる。
えらいぞ
 
近所の展示場に、仮面ライダーWがやってくる。
我が息子は、第一部に出かけていった。
その話を伝え聞いたのか、ちびっこ偵察隊が我が家にやってきたらしい
 
案内が載ったチラシを渡すと、「よかったな」と言葉を交わす二人。
 
いやぁ、可愛いなぁ
お家の人に連れていってもらってね。

20年ぶりに

昨年に引き続き、高校時代のバスケ部の友人とちっちゃな同窓会。
まだ外出できないので、我が家にお茶を飲みに来ていただいた。

いろんな話が飛び交い、空白の時間がない。
会わない時間のほうが断然長いのに、以前と変わらず同じ時間・同じ場所を共有し合える関係って素敵だなぁ
そうそう、中には20年ぶりに会った友達も。

いろいろおめでたい話も聞け、また、生まれたばかりの娘をみんなに抱っこしてもらえ、幸せな気持ちに

今後も続けていきたい同窓会

恥ずかしい~

育脳インストラクターとしてセミナーを実施した後、録画しておいたビデオでセミナーの内容をチェックする。
そのために、テレビのHDDにひとまず保存。

「オーズ、見たい~」と言い出した息子のために録画リストを開けてみたら、私のセミナーの様子も残っていた。
たくさんある中の一つやし、息子はスル~するやろう…と思っていたら、目ざとく見つけた
「これ、見たい~」と、母の映っているデータを指さす
「おもろないで。オーズ、見ようよ」と誘っても、「これ、見たい!」と言って譲らない。
仕方がないので、再生ボタンをぽちっと

いきなり画面に母が映り、仕事モードで話を始め出す…。
息子は何も言わず画面に近づき、画面に映った母にそっと触れる…。

あかん、あかん、恥ずかしい
「ママが映ってるなぁ…ハハハ…」と引きつりながらOFF。
息子は何が何だかわからない様子。

しまった。
データ、消しておくんやった

ちなみに、ビデオの内容をチェックしていたとき、義母が…。
じっくり最後まで視聴されてしまった
「こんなお話、私らの時にはなかったから、上手に子どもを育てられなかったわぁ」と義母がポツリ。

その後、息子にかける言葉や、接する態度に少し変化が。
育脳メソッドを意識してくださっている
産後1ヶ月、我が家に助っ人に来てくださっている義母。
普段はほとんど会わないし、「お兄ちゃんだから我慢しなさい」的な言葉が多くなるのは嫌だなぁ…と心配していたけれど、杞憂に終わった。
妹が生まれた後も、過剰な反抗や赤ちゃん返りなど…特に問題もなく過ごせている。
お義母さん、ありがとう。

取り入れる、取り入れない…は、人それぞれだけれど、
知らない方に“育脳メソッド”をお伝えしていく意義は深いと、しみじみ感じました。




保育園

産後3週間。
この日を待って、久々の外出…と言っても、市役所へ。
保育園に提出する就労証明書の件で相談に。

退職し、子育て支援事業を始めようと準備&活動
結構毎日忙しく動き回り、臨月になるまで活動。
来週は、産後4週間を待って研修と打ち合わせがあり、
一か月健診を終えたその足で、みつさんをつれて仕事へ行かねばならない。
そんな私に保育園は救世主

みつさんを妊娠してから出産するまでの間、
不安定になりがちなとくさんを温かく見守り気遣ってくださったのも、現在通う保育園の先生方のおかげ。
(つわりで苦しんだ4か月間、先生方は私のことも気遣ってくださいました)
感謝してもしきれない

息子はこのまま通園させたいし、娘も入園してもらわないと仕事ができない。
しかし
会社勤めではない+自営業の申請ができていない=就労証明書が出ない。
∴保育園を辞めねばならない?
いやいや、それは困る。

子育てに奮闘するママたちが、楽しんで育児に関われるよう、
そして、自分自身の人生を楽しんでもらえるように、私にできることをしていきたい。
素晴らしい力を秘めた子どもたちが、自分の足で立ち、活き活きと歩んでいけるようにしたい。
この思いで、起業しようと準備しているのに、保育園の道が途絶えたら…ほんまに困る

この思いを持って、市役所に相談へ。
どんな結論が出るかはわからないけれど、ひとまず届は出すように…とお返事を頂けた。

お願いだから、書類だけで一刀両断は辞めて欲しい。
きちんと話を聞き、状況を理解して欲しい。

①結婚し、②子どもを授かり、③生み、④育てる中で、
女性が出くわす“仕事の壁”を、きっちり4パターン味わった。
前職に就いていたころ、結婚に伴う勤務時間帯の変更を申し出たら職務の等級が下がった。
出産後、時間短縮勤務を申し出たら降格した。
どれだけ悔し涙を流したか。
結婚をしたから、子育てをしているから…こんなことで能力が落ちるわけがない。
むしろ、時間管理のスキルは間違いなく上がる

こんなことを考えながら、市役所のカウンターに座っていたら、
左の胸から母乳がにじみ出てきた
しまった!母乳パッドを入れ忘れた!

こんな思いを抱えながら、市役所で母乳を滲ませる母の思いを、どうか汲み取ってちょうだい

十五夜

夕方、外から子どもの声がする。
とくさんが慌てて飛び出していく
大人用のサンダルで
それじゃあ、歩きづらかろう。
 
 
みんなでススキをとりにいくと言う。
そういえば、今晩は満月
 
 
すっかり日が沈んでから帰ってきた。
手には、立派なススキ。
長いススキを引きずりながら、振り回しながら、帰ってきたらしく、穂がいろんな方向を向いてる
「まんまるおつきさんやわ」と報告してくれた。
 
子どもがいると、いろんな行事に気がつく。
しかし、
今日は一足遅かった。
月見団子を準備してない
 
かわりに、ぱりんこ(星の形のせんべい)を差し出す母でした
 
ごめんね
 
 
 
 
 
 
 
 

センサー付き

あかちゃんを抱っこ。
ゆらゆら…ゆらゆら…。
下手したら、30分、一時間…ゆらゆら
 
母は、ふらふら
 
やっと寝たと思って、そ~っと布団におろしたら、
途端にお目めぱっちり
全身の力が抜ける瞬間
あかちゃんの背中には、絶対センサーがついてる。しかも、高性能。
 
 
 
昨晩、お風呂場をでると、みつさんの泣き声
「あっ、泣いてる」と思った途端、ボタボタとおっぱいが…。
 
そういえば、とくさんのときも。
とくさんを預け、外出したときに、とくさんのことを思い浮かべると、必ずおっぱいがギュッと張る。
 
おっぱいにもセンサーがついているに違いない
 
 
 
パパが抱っこしても、祖母が抱っこしても、泣き止まない。
ひきつけを起こす勢いで、号泣
でも、ママが抱っこすると、ピタッと泣き止む
気持ちいいぐらい、見事に泣き止む
(母の優越感
 
あかちゃんの全身に、ママセンサーがついてるんだなぁ

並べる 並べる (3)


お風呂上がりに、ひと作品作っていた、とくさん。
 
今回は動物の行進かな。
 
ちゃ~あんと親子を横に並べてる。
びっくり
 
 

NGワード:お兄ちゃんなんだから

日本では「成長を助ける」という意味で使われる「助長」という言葉。
中国では、次のようなエピソードを持つ故事成語である。

ある男がいた。
苗がなかなか育たないので、一本一本苗を引っ張ってやった。
「苗が育つように、苗を一本ずつ引っ張ってきたよ。ふぅ、疲れたなぁ。」と息子に言う。
驚いた息子が苗を見に行くと、苗は全部枯れていた。

こんなお話。
前職(進学塾講師)に就いていたとき、保護者会でこの故事成語を紹介したことがある。
「子どものため…と思い、導いてやるつもりで大人(親・教師)がしたことが、
実は子どもの成長を妨げている…こんなことが往々にしてあります」
「子どもは自ら成長する力を持っています。
遅かれ早かれ、必ず伸びます。
無理やり伸ばすのではなく、伸びる土壌をわれわれ大人が育てましょう」
こんな話をした。

指導者としての経験・実績を積んだうえでの話ではあるが、でも、我が子を持たない時代の話である。
どれだけお母様・お父様方の胸に届いていたのかな…と、ふと思った

我が子を持ち、
「頭では分かっているけれど、なかなか実践できない子育て」がわんさかあることを改めて知った。
ママ友と話をしていても
「『あかん』ってわかっていても、ついつい言ってしまうこと。やってしまうことがあるわ」
って話になる。

みつさんを出産する前に、「これだけは言うたらあかんNGワード」を祖父母にも伝えておいた。
それは
「お兄ちゃんなんだから」
「お兄ちゃんのくせに」
って言葉。

息子は好き好んで「兄」になるわけではないし、
ましてや「兄」がどんなものなのか理解できているわけがない。
今まで自分に注がれていたものが、半減…とは言わないまでも、明らかに少なくなり、
さらには、“我慢”まで強いられる。
大人でもストライキをしたい状況。
「お兄ちゃんなんだから」って言葉で追い打ちをかけてほしくない。

妹が目の前にいれば、自然と自分の立ち位置が分かる。
やっていいことと悪いことも、自分で分かるようになる。
納得できれば、自分で考えて行動する。
自ら「兄」になっていく。
幼児でも、ちゃんと分かる

育脳メソッドでは、「自分からやってやる」という気持ちを育むことを意識している。
「自分でやった」ことが「うまくいった」ならば、次々にチャレンジしようとする姿勢が生まれる。
たとえ困難な状況であっても、打開策を講じようとする…
そんな子どもになる。

「自分でやりたい」って気持ちは、成長過程で、幼児、誰もが持つ。
この気持ちをうまく育んでやれるかどうか…これは、大人という環境が大きく左右するところ。

故事成語のように「無理やり伸ばす」と芽は枯れちゃう。
「伸びる」土壌作りに、私は徹したい。

今のところ、祖父母の理解もあって、息子は「お兄ちゃんなんだから」という言葉のシャワーは浴びてない。
私の母に至っては、「〇〇の時はどうしたらいい?△△したらすごいよ!」と上手く話をしてくれる。
息子は、自分流の理解で「うん、ぼく、おにいさんやからできるねん」と何やら得意げ。
(おそらく、お兄さん=かっこいい…という理解。
 お兄さん=兄…ではない、たぶん)

生まれたばかりの娘よりも、兄のことを気遣い、積極的に構ってくれる祖父母に感謝

おぉっと!

ブログを書こう…と思うと、とくさんに見つかり、PCを乗っ取られたり、携帯をパタンと閉じられたりする。
ブログを書こう…と思うと、、みつさんが泣きだし、おっぱいtime。
なんにもしてないのに、どうして隙間時間がないのだ?と思う。

そういえば、生まれて初めての子育て、とくさんのお世話の時も同じことを思ってたなぁ。
0ヶ月の頃なんか、ちっとも布団で寝てくれないとくさんをひたすら抱っこし、
一日中おっぱいを出していた気がする。

あら、みつさんが泣いた。
やっぱりブログ中断。

なにプレイ?

生まれて二日目の娘を見て、パパが「とみつさんみたい」と一言。
さらに、「24時間、走れるかな」と。
なるほど、似てなくはないけど
 
 
パパの発言が面白くて、採用決定
これからは息子のことを“とくさん”、娘のことを“みつさん”とブログでは呼ぼうと思う
 
 
寝かしつけをしているときのこと。
「ママは、とくさんのことがだぁいすき」と言うと、
とくさんが「ママ、きらぁ~い」(ニタニタ笑い顔)
「ママぁ、エ~ンエ~ンって泣いて」
「エ~ンエ~ン、とくさんがママのこと、嫌いって言わはった~
「だいじょうぶでござんす」(おむすびまんの口調で)
んん?なにプレイ?
 
この後も「ママぁ、エ~ンエ~ンって泣いて」と「だいじょうぶでござんす」(他のパターンもあり)が繰り返される…。
 
とくさんはいろんなプレイを考えてくれる
とくさんの、お手て絵本、創作話も面白い
 
ママも負けじと、毎晩「昔、昔……」と創作話をするのが、毎晩の儀式になって一年以上が経つ。
最近は、みつさんのお世話で疲れ、話ながら寝ちゃうことが度々

「それからどうなったの?」と続きをワクワクしている息子の横で気を失う母。
期待に応えられず、ごめんね。
反省

ゴーカイジャー

近所の展示場のイベントに、ゴーカイジャーレッドがやってきた。

一年前にも同じようなイベントがあり、息子を連れて行ったけれど
「こわい~」と泣きだし…おしまい

でも今年は違う
台風で、雨やら風やら…えらいことになっていたけれど、数日前から楽しみにしていた息子の期待に沿うべく、パパが連れて行ってくれた。
(母は、娘のお世話疲れで、布団の上で気を失っていた…)

「ただいまぁ!」
ご機嫌な声で帰ってきた息子。
手には、しっかりと“仮面ライダーフォーゼ”のソフビ人形(お菓子のおまけ)が握られている。
(おいおい、ゴーカイジャーを見に行ってきたんやろ?)

フォーゼは帰りのお買い物の最中に、見つけたらしい。
パパに「どうやった?」と聞くと
「一緒に記念写真も撮ってきたよ。楽しんでたわ」とのこと。
写真を見せてもらうと、腕組みをしたゴーカイレッドの横で、同じく腕組みをして決めポーズをとる息子
なかなか堂に入っていて、わが息子ながら格好いい

「怖い~って泣かなくなったわ」とか
「戦隊もので遊ぶ年になったんやなぁ」とか
しみじみ思いながら、早速フォトスタンドに写真を飾る。

写真を飾りながら、ふと気づいた。
「おぉ!娘の写真を飾っていない!」「そういえばあんまり写真も撮っていない

早速カメラの充電を開始。
ごめんよ、娘

パパ ありがとう

出産後、毎日、お母さん・お義母さんに応援に来てもらっていたけれど、
今日は、初めて家族水入らず…で過ごす。

息子は大のママっ子だし、どうなることか…と思っていたけれど、
パパが頑張ってくれた

三食、食事の準備をしてくれる
夜ごはんは、ヨシケイでとった食材を元に、レシピを見ながら奮闘。
チヂミ…の予定が、小麦粉と片栗粉の入っていない、いり卵になっちゃったけれど、息子は「おいしい」って食べた。
私はもう、一生懸命作ってくれただけで、何でもおいしい

ママが見えなくなると、「ママぁ、ママぁ」と、ママを探す息子。
ママがいるときは「パパ、きらぁ~い。ママがいい~」と言う息子。
(ときどき、パンチやキックがパパに及ぶ…)
そんな息子の言動にも屈せず、身体を使っていっぱい遊んでくれたパパ

ママがいるときは、ママとしかお風呂に入らない息子を、
あの手この手でお風呂に入れてくれたパパ。

そういえば、お腹が大きい時から、朝の洗濯干しだけは必ずやってくれたパパ。
出産後も、何も言わなくても、出勤前の時間をうまく使って洗濯物を干してくれている。
家事が一つ減るだけで、どれだけ助かることか
息子を保育園に送り出す準備でバタバタ、
ときには、娘が同時に起きだして「おむつ」「おっぱい」「抱っこ」にてんてこ舞い…
こんな忙しい朝の一仕事を手伝ってくれる…本当に感謝
(洗濯物のしわが伸びていなくても、そんなものは気づいた者が伸ばせばいい!)

息子のお世話、娘のお世話、子どもに向かう時間が圧倒的に長くて、
パパと過ごす時間は、平日は全くない。
土日も、二人でのんびり…なんて時間はない。
でも、「ありがとう」は毎回きちんと言う
素直に感謝できる自分であり続けたいし、子どもたちにもそうなってほしい。

ママが「楽(らく)」になると、心にゆとりが生まれる。
心にゆとりがあれば、笑顔で子どもと向き合える。
少々のことでいらっとしたりしない。
どぉ~んと子どもを受け止められるから、子どもも委縮せずに伸び伸び育つ。
まさに“楽育”

私も、どこかのママたちの“楽育”の種になりたい。
ママでいられる時期なんて、ほんのわずか。
楽しまなきゃ


いただきました!サプリのようなメール

息子と同じ保育園に通う娘ちゃんを持つママは、折に触れ息子の様子を見てくださってる。
「朝からめっちゃテンション高かったよ~」
「お兄ちゃんなったんや!めっちゃかっこええなー」と話しかけると、「おにいちゃんやねんでー!」と張り切ってたよ。
こんなふうに、保育園での様子を教えてくれる。
“ぼくひとりのママ”から、“ぼくと妹のママ”になり、以前のようには構ってもらえない寂しさが、どんな形で現れるんだろうと心配している私にとって、本当にありがたいメール

そしてそして、もう一通。
息子のことを心配して、「(息子の)気がまぎれるなら、いつでも遊びにきてね」というお誘いメール。
近所に住んでいるから、何かにつけ、息子のことをよく見てくださってる。
昨日は、ママ友の娘ちゃんと一緒に畑のトマトを採って食べてたみたい。
「ママ、いっしょにおそといこうよ~」と言われても、まだまだ外に出て息子と一緒に散歩はできず…。
どうしても家にこもりがちになる息子の、まさに救世主
これまた、本当にありがたいメール

子どもはみんなに見守られて育つんやな…と、つくづく思う。
いろんなところで知らず知らずのうちに、ママもみんなに支えられているんだな…と感じた。
「ママである私が頑張らねば」と意気込んだところで限界があるし、無理も生じる。
みんなに見守られ愛される幸せ…いつか子どもたちにも伝えたい。

楽育、楽育、ママ友たちに感謝しながら、子育てを楽しむのだ