FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

エトコロええもん一品市開催しました

とっても気持ちのいい一日。
日曜日にエトコロスタッフで大掃除。
屋内も屋外もすっきりした中で、
本日はエトコロええもん一品市

当日の様子はこちら→エトコロブログ

地域の手づくり作家さんの出店。
身体に優しいランチ&美味しい珈琲のカフェも開店。
いつもと違う空間。

イベントの宣伝がまだまだ足らなかったなぁ…と反省点はあるものの、
初めてエトコロにお越しいただいた方にも楽しんでいただくことができ、
初開催にしては上々の滑り出し。

5月だけれど、
水遊びにいい日だったので、
びっちょびちょになりながら、
遊びに来てくれたこどもたちと楽しんだ
DSC04543.jpg

いろんなことができるエトコロ。
でも、
建物があるところには、維持管理費が発生する。
スタッフが居るところには、人件費が発生する。
講師を招こうとすると、謝礼金が発生する。
ええところを継続していこうと思うと、
活動資金は必要不可欠。
連日無料開放…というわけにはいかんのです。

こういう「お金が循環する話」を、
こどもたちの体験講座の中に組み入れたいと
妄想中。

リアルこども商店街。
やってみたいなぁ。
値段を安くしたら、売れるけれど、儲からん。
誰か一人が勝ち抜ける商売が大きくなると、どんな連鎖が起きるのだろう。
銀行も登場させたりして、
こどもたちの頭を使った商売をリアルにやってみたい。

きっと、
こどもたちから、いろんな気づきがもらえるはず。
やってみたいなぁ。

どなたか、お金に詳しい方、いっしょに企画しませんか。
スポンサーサイト



5月22日開催 エトコロひろば

本日は、エトコロひろばへ。
活き活きと遊ぶこどもたちと、楽しそうなお母様方を見ていると、
うちの子も連れてきたい・・・衝動に駆られるときが。
でも、我慢。
平日は保育園。
このペースが、兄妹にとってはベスト。
ちょこっと寂しくなったときは、こどもたちを抱き上げてぎゅ~。

今日の様子は、エトコロブログに掲載しました。
こちらからどうぞ → 子民家エトコロブログ

畑に、可愛いお目目のお友達。
分かります?

DSC01095.jpg

カエルはあかんけど、
この子なら触れる。

5月8日開催 エトコロひろば

本日のエトコロひろばは、
母の日企画を。

ひろばの様子は、エトコロブログに詳しくアップしました。
こちらからどうぞ → エトコロブログ

畑のいちご
そろそろ食べごろかと思って見に行ったけれど、
赤くなり始めたいちごは二つだけ…
あとは、白い花
2週間後のエトコロひろばでは食べられるかなぁ

しかし、雑草の伸びが早い!
自生した蕗の育ちも素晴らしい。
毎回畑をのぞきに行くと
葉っぱや土に触れることに対する抵抗がなくなっていくこどもたち。
今日はカエルを発見。
じっと見てるだけ…でしたが、
きっとそのうち触れるようになるんやろうなぁ。

DSC00993.jpg

こどもだから
何にでも好奇心旺盛で
泥んこ遊びが大好きで…
という公式は当てはまらないとつくづく思う。
「やったことのない」
「知らない」ことに対する抵抗が人一倍強い時期のこどもたち。
(これも、脳のしくみ。
 へたれでも、消極的な性質でもないのですよね)

「ママといっしょにやってみようか」
「うわっ、チャレンジしてみたらできたやん、すごいね、おもしろいね」
そんな声かけをくり返しながら
遊びの幅を広げていってやりたいなぁと思う。

4月24日開催 エトコロひろば

今日のエトコロひろばは、
五月の節句にちなんで、こいのぼりづくり

ひろばの様子はエトコロブログにアップしました
こちらからどうぞ → エトコロブログ

家ではなかなかできないことを
エトコロひろばでは思いっきり体験させてやりたい!
私もそう思うし
ご参加くださったお母様方も思う。
でも、
ふだんやったことのないことは
できないもの。

「げ!なんやこのぬるぬる」
「やめて!てがよごれるやん」
きっとこどもたちの胸の内はこんな感じ。

汚れること、
汚すことを「おもろいなぁ」と感じるようになるのは
もうちょっと経験を積んでからかなぁ。
「ママにも(絵の具を)つけたろう!」って場面が一度もなかった。

DSC00663.jpg


個人的には
ちょっとぐらいやんちゃな子になりや…と思っているけれど
「やんちゃ」も教えないとできひんもんで。
こども同士がつるんで悪戯をする場面も
この時期は必要やと思います。
異年齢で遊ぶ中で、
たくさん学んでほしいなぁ…と
わが子をみても思います。

10/18開催 etokoro親子教室≪0~1歳さん≫

10月18日、本日の親子教室は、≪小さなフラワーアレンジメント≫
今日は、ママが主役です。

 子民家エトコロブログは → こちら

小雨が降る、どんよりとしたお天気。
いつものような日差しは差し込みませんが、
のんびりお花に向かい合って、ほっこり過ごすには、もってこいの雰囲気。

「いいわ、こんな時間」
「楽しい~」
といった言葉がママの口からもれ聞こえ、
スタッフとしては、本当にうれしい限り。

1年365日、ママはママ業を営み続けねばならないけれど、
こどものために
ママ自身が楽しむ時間をあきらめる必要は全くない。
むしろ、
ママが「ママの時間」を設け、
「楽しいこと」をたくさん味わい、
「しあわせのエネルギー」をめいっぱい充電したほうが、
こどもに向けられる愛情が豊かになる!
と信じて疑いません。

「ママが楽しい時間を過ごす=こどもをほったらかし ∴こどもたちの成長を阻む」
そんなことは絶対にないです。
ママたちが楽しんでいる間、こどもたちはこどもたちで遊んでいます。
何にもなくても「遊べる」のがこどもたち。
こども自身が持つ力を、新たに引き出す機会にもなるので、
たまにはママと子が離れる時間があってもよしよし…です。

今日はいっぱいこどもたちを抱っこさせてもらいました

しあわせな時間やったなぁ
あふれるしあわせで、思わず私もアレンジメント。

楽育ブログ