FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

北之庄を歩いてみた!

おうみ未来塾の12期生として、特定の地域の皆様から学ぶ講座が始まりました。
私は、近江八幡は北之庄をフィールドに勉強させていただきます。
グループ名は、8meets、‘はちみ~つ’と呼びます。

 8meets はちみ~つ ⇒ ブログもOPEN

3月24日は、北之庄を散策。
歴史がある、まつりがある、山もあれば、琵琶湖もある。
農業に漁業…見てみたいところはたくさん。

まずは北之庄神社に参拝。

P1110171.jpg

目的地があるようでない散策。
ぶらぶら歩いていると、地元の方が声をかけてきてくださり…。
思いがけず、北之庄まつりの話をじっくり伺うことができました。
聴けば聴くほど…歴史あるまちなんだなぁと、つくづく感じ入りました。
あたたかい人のご縁にも感謝。

お昼は、北之庄のお隣、白王町の権座イベントに参加していただきました。

 権座の活動はこちら ⇒ 権座・水郷を守り育てる会

権座(琵琶湖に浮かぶ小さな島)に渡る機会があり、みんなで乗船。

IMG_7297.jpg

権座では、酒米を育てていらっしゃいます。
このお米から、美味しいお酒“権座”が生まれます。
島に立派な田んぼが広がっていました。

IMG_7287.jpg

帰路、島のまわりをぐるりと船でまわってくださいました。
いろんなものを見つけました。
今度は息子といっしょに見たいなぁ。
息子だけでなく、将来世代のこどもたちと共に、この風景を見たいなぁ。
北之庄にも残る水郷めぐり。
ぜひ、北之庄のこどもたちと共に楽しみたいと思いました。

IMG_7294.jpg

お昼からは八幡山の麓をぶらり。
まだまだ見つかるいろんなもの。

IMG_7301.jpg

歩いた歩いた、一日中。
グループの中のおひとりの万歩計は、8万歩(あれ、9万歩だったかも)を示す。
最後は、あきんどの里で休憩。
本日の振り返り。

ひっさびさのコーヒーフロート。

IMG_7313.jpg

次回は、北之庄まつりを観に行こうと思います。
実家には氏神さんがあり、春に秋に祭りがありました。
こども神輿もあって、毎年楽しみにしてたなぁ。
今の住まいには、地元の祭りがありません。
息子や娘、そして、パパも一緒に参加…まつりを知ってほしいな。
まつりがあってたり前の中で育った者から見える風景。
地元のまつりがない中で育った者から見える風景。
もちろん感じ方も違うはず。
そこらへんを尋ねてみたい。

お忙しい中、お話をいただいた北之庄の皆様、
ありがとうございました!
スポンサーサイト



おうみ未来塾 活動目標発表会

2月9日は
活動しているおうみ未来塾の「グループ活動目標発表会」

30名の塾生が4グループに分かれ、
これから活動していく計画を共有し、
さらに研鑽していく場。

4グループが
互いのプレゼンを見て「気づく」
そして、気づきを共有したならば「活かす」
午前中は、そんな時間でした。

地域プロデューサーを学ぶ塾なのですが、
自身の「子育て」に、
また、子育ち支援の現場に活かせる気づきがとても多くて、
毎回の講座が宝箱です。

午後からは、アドバイザーの先生方の前で
各グループの発表。
その後、先生方から講評をいただき、
さらに、質疑応答の時間を設けて詳しく尋ねる機会が。

「地域資源」というと、
何かきらきらしたものばかりに目が行きがちだけれど、
地域には、晴れの日もあれば、卦の日もあります。
怨念も含めて、今の地域があるのです。
語られていないだけのこと。
目に見えるものだけに終始しないように。

このお話。
大きく感じ入りました。
全くその通りで。

人は、生きていれば、いい日もあれば、悪い日もある。
ならば、
人が集まってできる‘地域’にだって、いい時もあれば、悪い時もある。

地域を知ろうと思うとき、
どんなところに気を配るべきか…そのヒントをいただきました。
これから半年間、特定の地域をフィールドとして活動していく中で、
しっかりと胸に刻んでいきたい言葉です。


未来塾での活動は、どうしても土日になるので、
このところ数ヶ月、ママがいない土日を過ごすこどもたち。
パパと楽しく遊んでいるけれど、
日も暮れてきたら、母が恋しくなるようで。
「ただいまぁ」と帰ると、
「ママぁ」と二人が駆け寄ってくる。

たまらなく愛しい時間です。
この後は、一日分を取り戻すべく、体当たりで遊びます。
そして…こどもたちを寝かしつけながら、自分も沈没…。
毎回のパターンです。