FC2ブログ

プロフィール

楽育のたね

Author:楽育のたね
小学1年生の息子と、年少さんの娘、林成之式育脳メソッドを活かし
“楽育”実践中。
子育ても仕事も奮闘。
プレママ・子育て現役ママの笑顔を求めて、育脳セミナーや、親子教室・イベントなど、さまざまな活動をしております。
素敵な出会いがありますように…。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
楽育

GOOD FOODさん

4月1日
いきあたりばったりのOFF その2

「こいにえさをあげたい!」と訴える息子に、
「人間のえさも必要や!」と応戦し、なだめすかして花緑公園を後にする。

お腹がペコペコ。
ランチはどこにしよう…迷っているうちに、車の中で爆睡しそうな気配のちびたち。
そうや!初めてやけど、行ってみよう!

というわけで、
野洲のGOOD FOODさんへ。

IMG_7341.jpg

お洒落な、かわいいお店です。

  ⇒ 詳しい案内はこちら

しかし、どんなお店であっても、こどもたちはマイペース。
みそ汁を飲み、「しんぞうがあつくなってきた」といって服を脱ぐ息子を右に置き、
皿の上よりも、床に落ちたオムライスを拾って食べようとする娘を左に抱え、
今日もまた、流しこむようにランチをいただく母。

おいしゅうございました…。
でも、ちゃんと味わいたかったです。

IMG_7354.jpg

デザートには、トマトのジャムが乗ってました。

IMG_7356.jpg

ちなみに、お子様メニューのオムライスセット。
(こどもたちに妨害されて写真は撮れなかった…)
400円でデザート付き。
美味しかったですよん。

パパのお土産に、パンを買って帰りました。

ちなみに、
帰路、車の中で爆睡したこどもたち。
その後、布団の上で昼寝2時間。
快挙です。

娘を抱っこしながら、息子と真剣にサッカーをする…。
川に落ちたボールも拾いにいく。
頑張った甲斐がありました

スポンサーサイト



京遊雅 さん

昨年末、ご縁を紡ぐことができた、京都の京遊雅 さん。

3月3日のひな祭りは、イベントをご一緒させていただきました。
そして、
3月15日は、イベントのお手伝いをさせていただく予定…でした。
しかし、前日にインフルエンザを発症。
泣く泣く、本当に、泣く泣く、自宅待機。

3月15日のイベントの様子を、京遊雅 さんのブログで拝見。
 こちら → ぜひご覧ください
こどもからお年寄りまで楽しめる企画が目白押しでした。

楽しい様子が伝わってきて、
かえすがえす参加できなかったことが悔やまれる。

京遊雅 さんは、自立・子育て・介護の応援を目的として活動していらっしゃいます。
いまは「こども」を中心とした活動に終始している私ですが、
こどもは、家庭や学校の中だけで育つものではなく、
ご近所のおじちゃん・おばちゃん・おじいちゃん・おばあちゃんたちに
愛されて、
見守られて、
健やかに育つものですので、
いずれは京遊雅 さんのように、
多世代交流の場を設け、その中心にこどもを据えた活動を展開していきたいと考えています。

そのためにも、京遊雅 さんからは精力的に学んでいこうと思っています。
滋賀の子育ちも、盛り上げていきます

水ヶ浜

やりたいこと
やってみたいこと
ぼや~っとしているけれど、かたちにしたいもの

つながっているもの
つなげていきたいこと

たのしいこと
もっともっとしあわせになれそうなこと

美味しいランチを楽しみながら
いろんなことを話す、
月一回の場。

魅力いっぱいの、
ママ友でもあり、先輩でもある方とご一緒するこの時間は
本当に本当に大切な時間。

今日は、水ヶ浜へ。
今日の琵琶湖も絶景!

IMG_7117.jpg

目の前に広がる琵琶湖を眺めながら…
見た目も味も、話題も美味しいランチ。

前菜にときめくようになりました。
ちょこっとずついろんなものが楽しめる…
このわくわくがたまらない。

IMG_7121.jpg

メインはお肉か魚か…と問われ、3人とも「お肉」と即答。
肉食系女子の会?

IMG_7122.jpg

デザート

IMG_7123.jpg

その後に、もう一つデザート。
嬉しいサプライズににんまり笑顔。
ハーブティーと一緒に楽しみました。

IMG_7126.jpg

毎日バタバタと慌ただしく、
時間を楽しみながら食事をする機会なんて、
めったにない。

でも、
‘食事’を楽しむ時間や機会を設けることも大事だなぁ…とつくづく思いました。
今度は、パパと一緒に行こう。

安土建築工房さん

安土建築工房さんにお邪魔しました。

とっても素敵な空間がある!ということを聞いていたものの、
なかなかお伺いすることができなかったのですが、
ようやく、ようやく、願いがかないました。

しかし、めっちゃ雪が降る日になってしまい…
「日頃の私の行い?」と思いつつ、
でも、でも、雪景色も楽しめました。

 安土建築工房さんのホームページ → こちらをクリック

1階は大工さんの作業場。
木の香りが!
瞬時に実家の近くにあった大工さんの作業場を思い出しました。
私が小さいころは、小学校の机に入れる引き出しを各家庭で準備する…時代でした。
イチゴのパックが入った段ボールを引き出しにする子もいたなぁ。
わが家は、近所の大工さんのところで分けてもらった端材で、
父親が器用に引き出しを作ってくれました。
まさに「引き出し」そのもの。
これが誇らしくてたまらなかった…そんな記憶が蘇ってきました。
怖い父親のイメージが強かったのですが、
父親の器用さには、心から尊敬していたことも思い出しました。

されさて、この素敵な空間。
木の端材で作られたおもちゃがずらり。
写真には写っていないですが、木でできた椅子も可愛いのなんの。

IMG_6755.jpg

この空間をお借りして、親子教室やお話会を開催したい!
絶対に開催したい!
冗談抜きで、5分おきぐらいに思いました。

数ある木のおもちゃは、すべて‘木そのもの’の色と質感。
カラフルな色が塗られたわけでもないし、
音が鳴ったり、変身したりするわけではないけれど、
「なんにでも自由にみたてて想像の世界で遊ぶことができる」と
工房の社長さんが仰いました。
「そういう‘あそび’の空間として創ったんです」とも仰いました。

探していました。
そういう場所。

あれこれお膳立てをしなくても、「ある」もので、「あそぶ」。
すぐ近くに山もあるので、山で見つけたものを利用して、自分たちで「つくる」ことも可能な空間。

いろいろやってみたいことが膨らんできました。
企画します。

安土建築工房さん、ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。

だもん亭

近江八幡にある、ビストロだもん亭さんで、
大切なお友達とランチ。

古民家を改装した居心地のいい空間。
地の野菜を使った美味しいお料理。

これは、ビーツというお野菜のサラダ。
鮮やかな色が目にも美味しい。
どんな味がするかは、食べてのお楽しみ。

IMG_6744.jpg

器もおもしろい。

IMG_6745.jpg

デザートには、オリーブオイルのアイスクリーム。
びっくりがいっぱいのメニューでした。

IMG_6746.jpg

美味しいお料理と、たのしいおしゃべりに…3時間も居座ってしまいました。
ママ友でもある彼女。
こどもの話ももちろんしましたが、
自分の話もたくさん。
今までの話、これからの話。
うまくいったことも、うまくいかなかったことも。
はっきりしていることも、迷っていることも。
とめどなく、たくさんおしゃべり。

何か明確な答が出たわけではないけれど、
こころの中は晴れ晴れ。
すっきり。
お料理のおかげもあるけれど、
おしゃべりの効能も見過ごせない。
こどものことだけでなく、
自分の話がたくさんできたこと…これが利いたなぁ。

脳の疲れを取る方法、
それは「楽しいおしゃべり」
これを実感したひと時でした。

子育て現役ママにお勧めしたいです。
「こども」の話ではなく「自分の話があれこれできる」おしゃべりの場。
こういう場づくりもやっていきたいなぁ

だもん亭さん → 詳しくはこちら